ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 県土整備部 > 都市計画課 > 都市部における土地区画整理事業を用いた魅力あるまちづくり(第2期)

本文

都市部における土地区画整理事業を用いた魅力あるまちづくり(第2期)

掲載日:2019年9月9日 印刷ページ表示

計画の名称

都市部における土地区画整理事業を用いた魅力あるまちづくり(第2期)

計画の期間

平成30年度~平成34年度

計画の目標

 人口減少下においても持続可能なまちづくりを行うため、「まちのまとまり」を維持し公共交通でつなぐまちづくりを行う必要がある。「まちのまとまり」を維持するために、土地区画整理事業により面的な整備を行い、密集市街地の解消,都市防災機能の向上,既成市街地の再生,良好な住環境の確保等の推進を図る。

計画の成果目標(定量的指標)

 持続可能なまちづくりを行うためには、市街地において一定程度の人口密度を維持する必要があり、群馬県総合計画においては、国の技術的助言に基づき、市街化区域内の人口密度について、60/ヘクタール人以上を維持することを目標としている。
本計画においても、市街化区域内の人口密度を現況64.3人/ヘクタール(平成29年度)を60人/ヘクタール(平成34年度)に維持することを成果指標とする。

定量的指標の現況値及び目標値
当初現況値(平成30年度当初) 中間目標値(平成32年度末) 最終目標値(平成34年度末)
64.3人/ヘクタール 60人/ヘクタール 60人/ヘクタール

計画書

社会資本総合整備計画トップページへ戻る