ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 産業経済部 > イベント産業振興課 > 群馬コンベンションセンターの指定管理者制度活用の実施方針について

本文

群馬コンベンションセンターの指定管理者制度活用の実施方針について

掲載日:2017年12月26日 印刷ページ表示

実施方針

 群馬コンベンションセンターについては、管理運営や営業活動に民間ノウハウを活用するため、指定管理者制度を採用することとし、指定管理者制度活用の実施方針を次のとおり定めます。

概要

指定管理期間

5年間とする。(2020年4月から2025年3月まで)

募集の方法・要件

 公募とする。
 応募できる者は、法人その他の団体(又は当該者で構成されたグループ)で、別途定める募集要項に定める要件を満たす者とする。
 なお、県外の法人その他の団体の場合は、県内の法人その他の団体の活用を要件とする。

 ※募集要項は、後日公表予定です。

利用料金の採用

 施設の管理運営に当たっては、地方自治法第244条の2第8項の規定に基づく利用料金制を採用する。

県への納付金

 県への納付金は、固定納付金及び精算後の納付金とする。
 固定納付金は、応募者が提案する。
 精算後の納付金は、年度ごとの指定管理業務に係る収入合計額から支出合計額(固定納付金を含む。)を差し引いた額の二分の一とする。

指定管理料

 指定管理料の支払いをできることとする。

成果目標

 年間利用者数 967,000人(2024年度)

指定管理期間開始前の準備

 指定管理期間開始前の2018~2019年度の予約・相談の受付やオープニング企画・準備等については、別途委託契約の締結を検討する。

スケジュール

スケジュール表
内容 年月
募集期間 2018年2月から5月
審査の実施 2018年6月
候補者の選定 2018年8月
指定議案等を議会へ上程 2018年9月
基本協定、準備委託契約の締結 2018年12月
指定管理期間開始 2020年4月

群馬コンベンションセンターの指定管理者制度活用の実施方針についてページへ戻る