ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 会計局 > 会計管理課 > 支出負担行為及び支出命令の審査確認

本文

支出負担行為及び支出命令の審査確認

掲載日:2012年1月27日 印刷ページ表示

審査内容

県における支払いに際し、「債権者等が正当か」、「金額の算定が適当か」など群馬県財務規則第70条第1項に定める審査項目について、支出負担行為及び支出命令の審査確認を行い、適正な支払事務の確保に努めています。

審査事項

財務規則第70条第1項に規定する審査項目

  1. 歳出の会計年度区分が適当か
  2. 予算科目が適当か
  3. 予算の配当額又は配布額の範囲内か
  4. 予算の目的に適合しているか
  5. 債権者等が正当か
  6. 金額の算定が適当か
  7. 契約締結の方法が適法か
  8. 相手方が契約上の債務を履行したか
  9. 県の債務が確定しているか
  10. 支払方法及び支払時期が適当か
  11. 法令等に違反していないか

審査重点事項

  1. 支払事務の迅速化
  2. チェック体制の強化
  3. 会計事務の適正化