ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農政部 > 利根沼田農業事務所農業振興課 > 農業農村の動き(令和5年4月)

本文

農業農村の動き(令和5年4月)

更新日:2023年4月1日 印刷ページ表示

農産物の生産動向

農産物の生産動向
項目 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
水稲育苗センターで苗の出荷が始まる 4月上旬~6月上旬 沼田市・みなかみ町  利根沼田地域のおいしい米づくりに欠かせない苗の生産を一手に引き受けるJA利根沼田水稲育苗センターが、4月から播種を開始します。農家の高齢化等により育苗センターの役割も重要になっている中、総数約14万枚の苗が順次出荷されます。また、温湯種子消毒機を導入し、農薬使用量を削減しています。

JA利根沼田
沼田水稲育苗センター
電話:0278-22-5379
西部水稲育苗センター
電話:0278-64-2303

果樹の花が満開 4月下旬~6月中旬 管内  利根沼田地域では、リンゴ、オウトウ、ブドウ、ブルーベリーなど多くの果樹が栽培されており、毎年、可憐な花が地域を彩っています。普段見られない果樹の花を楽しむことができます。 利根沼田農業事務所
普及指導課
電話:0278-23-0338
鉢物カーネーションの出荷が始まる 4月下旬~5月上旬 沼田市・昭和村  沼田市と昭和村では、約5万3千鉢のカーネーションが栽培されています。最近では花色が豊富になり、代表的な赤色やピンク色のほか、黄色、オレンジ色など、様々な花色があります。当地域から出荷されたカーネーションは、首都圏の市場へ出荷されるほか、県内のスーパー、ホームセンター、地元の直売所などでも購入することができます。

JA利根沼田営農部
指導販売課
電話:0278-50-6112

バラの出荷が始まる 4月中旬~ 沼田市・昭和村  利根沼田地域では、昭和村を中心に8戸の農家がバラを生産しています。当地域は、冬季の気温が非常に低いため、冬季は加温を中断しバラを休眠させたのち、3月上~中旬ころから加温を再開します。出荷は4月中旬ころから始まり、母の日にかけてピークを迎えます。この時期だけでも約20万本のバラが京浜市場へと出荷されます。 JA利根沼田営農部
指導販売課
電話:0278-50-6112
雪んこりんごの掘り出しが始まる 4月下旬 沼田市  みずみずしくシャキシャキとした食感が好評の「雪んこりんご」の掘り出しが行われます。玉原スキーパークに埋雪されたりんごが3カ月ぶりに姿を現し、ゴールデンウィークの楽しみの一つとして販売されます。 沼田市観光インフォメーション
電話:0278-20-1300
レタスの育苗が最盛 2月上旬~8月下旬 昭和村  JA利根沼田野菜育苗センターでは、利根沼田のレタス生産を支えるためレタス苗を生産しています。合計約5,000平方メートル、16棟のハウスを使い、品種や時期など農家の要望にあわせ、まさに職人技で計画的に生産されており、約15万本の苗を農家に供給します。

JA利根沼田営農部
営農企画課
電話:0278-50-6111

利根沼田農業事務所 農業振興課トップページへ戻る