ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農政部 > 利根沼田農業事務所農業振興課 > 農業農村の動き(令和5年8月)

本文

農業農村の動き(令和5年8月)

更新日:2023年8月1日 印刷ページ表示

農産物の生産動向

農産物の生産動向
項目 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
観光ぶどう園オープン 8月下旬~ 沼田市・川場村・みなかみ町  利根沼田地域では、ブドウが約31ヘクタール栽培され、昼夜の温度差により着色が良く糖度の高い高品質なブドウが収穫できます。8月下旬の沼田市ぶどう組合の開園式を皮切りに、約70戸のぶどう園では直売やブドウ狩りが始まります。 沼田市観光協会
電話:0278-25-8555
JA利根沼田営農畜産部
電話:0278-50-6111
雨よけトマトの出荷最盛期 8月~10月 沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町  5月下旬に植付けられた雨よけトマトは、7月中旬から本格的な出荷が始まり、8月には最盛期を迎えます。利根沼田地域は標高が高く、夏でも夜の気温が低いため、品質・食味が良いことから市場評価は高く、首都圏を中心に出荷されています。出荷は毎日休みなく、霜の降りる10月中旬まで、「夏美人」「尾瀬トマト」の名称で出荷されます。 JA利根沼田営農畜産部
電話:0278-50-6111
利根沼田農業事務所
普及指導課
電話:0278-23-0338
エダマメの出荷最盛期 8月上旬~ 沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町  利根沼田地域では、沼田市を中心に周辺各市町村でエダマメが栽培されています。当地域の耕地は標高300メートル~700メートルにあり、夏季の昼夜の温度差を生かして高品質なエダマメが生産されています。4月に種をまき、8月に出荷の最盛期を迎えます。 利根沼田農業事務所
普及指導課
電話:0278-23-0338
スプレーギク、コギクの出荷最盛期 8月上旬~中旬 沼田市  利根沼田地域では、沼田市を中心に12戸の農家でキクの栽培が行われ、お盆に向け、スプレーギク、コギクの出荷が最盛期を迎えます。当地域は標高が高いため、花の発色が鮮やかな点が特徴です。主に京浜市場へ出荷されます。 JA利根沼田指導販売課
電話:0278-50-6112
利根沼田農業事務所
普及指導課
電話:0278-23-0338
グリーンアナベルの出荷最盛期 8月下旬~9月下旬 沼田市・片品村  利根沼田地域では、片品村を中心に切り花アジサイの栽培が盛んです。アジサイの白花品種「アナベル」は、開花後に日光を遮り、鮮やかな緑色に変化させてから収穫するのが特徴です。主に景品、関西方面の市場へ向けて出荷されます。 JA利根沼田片品農産物集配センター
電話:0278-58-2000
利根沼田農業事務所
普及指導課
電話:0278-23-0338
片品村のとうもろこし街道 8月上旬~10月頃まで 片品村  片品村下小川地区から国道120号の約4キロメートルの街道沿いには、焼きとうもろこしなどが販売される直売所が並び、土日を中心に店が開きます。通称、「とうもろこし街道」と呼ばれ、8月上旬から最盛期となります。 片品村観光協会
電話:0278-58-3222

利根沼田農業事務所 農業振興課トップページへ戻る