ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 薬務課 > 医薬品成分を含有する健康食品の発見について(平成22年度)

本文

医薬品成分を含有する健康食品の発見について(平成22年度)

掲載日:2013年5月31日 印刷ページ表示

 いわゆる健康食品について、厚生労働省の委託事業により、本県で購入し、国立医薬品食品衛生研究所で分析を行った結果、1製品から医薬品成分が検出されたのでお知らせします。

1 医薬品成分を検出した製品の概要

(1)商品名:絶倫愛

 発売元:エッグプランニング/札幌市豊平区平岸5条9丁目7-5
 検出成分:ヒドロキシホンデナフィル、アセチルアシッド又はイミダゾサガトリアジノン

2 違反の事実

 ヒドロキシホンデナフィル、アセチルアシッド又はイミダゾサガトリアジノンを含有し経口で摂取するものは、薬事法第2条第1項に規定する医薬品に該当し、製造販売承認を受けていない当該品を販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列することは、無承認無許可医薬品の販売・授与等を禁止した同法第55条第2項の規定に違反します。

3 県の対応

 県内1店舗(高崎市内)で販売していた営業者に対し、直ちに販売等の中止と当該品の自主回収を指示しました。

4 安全性について

 現在のところ、上記による健康被害の報告はありませんが、副作用として、血管拡張、頭痛、動悸等の健康被害が発生するおそれが、否定できません。
 特に、高血圧及び狭心症の薬であるニトログリセリン、亜硝酸剤アミル、硝酸イソソルビド等を服用している方は、併用により降圧作用が増強し、血圧が下がり過ぎることがあります。
 当該製品を使用されている方は、直ちに使用を中止してください。また、健康被害が疑われる場合には、医療機関や最寄りの保健福祉事務所(保健所)までご相談ください。

5 参考

医薬品成分を検出した製品の外観

写真:02絶倫愛1写真:02絶倫愛2

6 検出された医薬品成分について

  • ヒドロキシホンデナフィル
    国内外で医薬品としては承認されておりませんが、シルデナフィルと類似の化学構造を有する物質であり、類似の作用を有することが考えられ、健康被害が発生するおそれが否定できません。
  • アセチルアシッド
    国内外で医薬品としては承認されておりませんが、シルデナフィルと類似の化学構造を有する物質であり、類似の作用を有することが考えられ、健康被害が発生するおそれが否定できません。
  • イミダゾサガトリアジノン
    国内外で医薬品としては承認されておりませんが、シルデナフィルと類似の化学構造を有する物質であり、類似の作用を有することが考えられ、健康被害が発生するおそれが否定できません。

参考

シルデナフィル

 国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(販売名:バイアグラ錠)として承認されております。
 なお、承認されているシルデナフィルクエン酸塩の適応と主な副作用は、次のとおりです。
 適応:勃起不全
 副作用:血管拡張、頭痛、動悸等
 添付文書上の警告:高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下げることがあるのでご注意下さい。