ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 知事戦略部 > グリーンイノベーション推進課 > 燃料電池自動車(FCV)の普及促進について

本文

燃料電池自動車(FCV)の普及促進について

掲載日:2022年4月21日 印刷ページ表示

燃料電池自動車(FCV)とは

 燃料電池自動車(以下「FCV」という)は、水素を燃料として発電した電気を使って走行します。走行中に排出されるのは水のみで、二酸化炭素が排出されないことから、地球温暖化対策として期待されています。
 また、太陽光や水力などの再生可能エネルギーにより生成した水素を用いた場合、二酸化炭素の削減ポテンシャルはさらに大きくなると考えられます。
 平成26年には世界初のFCVが上市され、当初水素ステーション整備は東京等の四大都市圏が中心であったが、整備対象地域が拡大していき、本県初の水素ステーションが高崎市に整備された(令和2年4月開所)。

国の取組

 国では、水素社会の実現に向けた「水素・燃料電池戦略ロードマップ(2016年3月22日改訂)」を策定し、目標の設定・取組の具体化を盛り込み公表しています。

【関連ページ】
経済産業省ホームページ(水素・燃料電池戦略協議会改訂版とりまとめ)へ<外部リンク>

県の取組

 県では、燃料電池自動車の普及を図るため、普及に向けた課題について協議・検討・共通理解を深めるとともに、セミナー・試乗会を開催して機運の醸成を図っています。

平成27年度

協議会の設置 平成28年1月12日

群馬県燃料電池自動車普及促進セミナー・試乗会

日時:平成28年3月24日(木曜日)13時30分~15時00分
会場:県庁ビジターセンター
参加者:58人(試乗15人)
内容:水素社会に向けた国の取組について
 水素ステーションの整備状況について
 燃料電池の仕組みについて
 ※セミナー修了後、トヨタ「MIRAI」の試乗会

平成28年度

燃料電池自動車普及セミナー・展示試乗会

日時:平成28年10月16日(日曜日)13時00分~15時30分
会場:前橋自動車教習所(前橋市関根町)
参加者:52人(試乗30人)
内容:セミナー「Hondaの燃料電池自動車の開発と水素社会実現に向けて」
 展示試乗会(トヨタ「MIRAI」)

平成29年度

燃料電池自動車普及セミナー・試乗会

日時:平成29年10月15日(日曜日)午前11時~午後4時
会場:前橋自動車教習所 グリーンエコフェスティバル会場内(前橋市関根町)
参加者:177人(試乗167人)
内容:試乗会(トヨタ「MIRAI」、ホンダ「CLARITY」)
 セミナー「燃料電池自動車普及と水素社会に向けた埼玉県の取組の現状」

平成30年度

燃料電池自動車展示・試乗会

 日時:平成30年10月14日(日曜日)午後2時~午後4時
 会場:前橋自動車教習所 グリーンエコフェスティバル会場内(前橋市関根町)
 車両:ホンダ「CLARITY」(30人試乗)

令和元年度

燃料電池自動車展示・試乗会

日時:令和元年10月27日(日曜日)
会場:前橋自動車教習所 グリーンエコフェスティバル会場内(前橋市関根町)
内容:展示試乗会(トヨタ「MIRAI」)
 セミナー「燃料電池自動車(FCV)と水素社会の実現」

令和2年度

地域におけるアイディア検討会

参加者:行政、学識者、民間専門家
開催回数:4回
会場:TKP大宮ビジネスセンター(WEB併用)
内容:広域関東圏における水素利活用促進
 国内外の水素利活用に係る実態等の調査
 地域における具体的な水素利活用アイディアの検討
 ※新型コロナの影響によりイベントは中止

令和3年度

水素・燃料電池に係る情報共有会

参加者:行政
開催回数:2回
会場:WEB
内容:広域関東圏における水素利活用促進に向けた情報共有
 ※新型コロナの影響によりイベントは中止

令和4年度

燃料電池自動車の展示(第1回)

 日時:令和4年6月4日(土曜日)10時00分~14時00分
 会場:高崎市もてなし広場 環境フェア2022会場内
 内容:展示会(トヨタ「MIRAI」、その他EV)

燃料電池自動車の展示(第2回)【予定】

日時:令和5年2月頃
会場:Gメッセ
内容:展示・試乗会
 セミナー