ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 産業経済部 > イベント産業振興課 > 群馬県コンベンション施設を中心とした魅力あるまちづくり

本文

群馬県コンベンション施設を中心とした魅力あるまちづくり

掲載日:2019年7月23日 印刷ページ表示

計画の名称

群馬県コンベンション施設を中心とした魅力あるまちづくり

計画の期間

平成26年度~平成31年度(6年間)

計画の目標

 群馬県の玄関口とも言えるJR高崎駅に近接する東口周辺地域は、平成26年2月に運用を開始した関越自動車道路の高崎玉村スマートインターチェンジにも近く、高速交通網により、首都圏をはじめ周辺各地へアクセスが容易である。また、平成27年の北陸新幹線の開業もあり、その拠点性が高まっている。そこで、その地域特性を活かしてコンベンション施設を整備して、集客施設を中心とした魅力あるまちづくりを行い、交流人口を増加させ、本県に産業経済の発展を目指す。

計画の成果目標(アウトカム指標)

高崎駅の乗車人数(高崎駅を利用する1日平均の乗車人数)

アウトカム指標の現況値及び目標値

当初現況値(平成25年度当初)

中間目標値(平成27~30年度) 最終目標値(平成31年度末)
28,733人/日 28,733人/日 30,000人/日

来場者数

アウトカム指標の現況値及び目標値

当初現況値(平成25年度当初)

中間目標値(平成27~30年度) 最終目標値(平成31年度末)
    490,000人/日

計画書

社会資本総合整備計画トップページへ戻る