ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農政部 > 畜産課 > 放射性物質汚染に対する牛肉の全頭検査結果について(令和元年度下半期)

本文

放射性物質汚染に対する牛肉の全頭検査結果について(令和元年度下半期)

掲載日:2020年4月1日 印刷ページ表示

群馬県では、平成23年7月31日から県内食肉処理場に出荷される肉牛について、産地を問わず全頭検査を実施しています。平成24年4月1日から牛肉の放射性セシウムの基準値が100Bq/kgに改正されましたが、流通している牛肉は全て新基準値を下回っておりますので食用に供して問題はありません。

これまでの検査頭数(県内産・令和元年10月1日からの累計)
区分 検査頭数 放射性セシウム検査結果
基準値以下(頭) 基準値超過(頭)
令和2年3月31日 6,383頭 6,383頭 0

基準値(肉):セシウム 100Bq/kg(ベクレル/キログラム)

「牛肉の放射性物質検査結果について」ページへ戻る