本文へ
表示モードの切替
印刷

コース22/ツツジのみち

覚満淵の画像
覚満淵
赤城小沼の画像
赤城小沼

新着情報

覚満淵木道再整備(令和3年5月11日更新)

令和2年度に実施した覚満淵木道再整備工事(バリアフリー歩道整備)を動画にとりまとめました。
普段見ることのできない工事状況をぜひご覧ください。
撮影協力:有限会社須田工業【施工業者】

<動画>

 Gunma Nature Trail Constraction~ぐんま自然歩道の工事~(第1回:赤城山覚満淵木道)(YouTube:外部リンク)

12.8キロメートル/健脚向け/撮影ポイント:覚満淵

まずはビジターセンターで見学をして知識を深めてください。覚満淵・小沼・軽井沢峠と県立赤城公園の歩道を歩きます。
軽井沢峠からトビタ峠、そして荒山高原の南面は、ツツジの大群生地となっており、その数は17種類50万株と言われます。時季ともなればこのあたり、見わたすかぎりのツツジで、赤一色となります。
関東平野の展望もすばらしく、富士山や東京のサンシャインシティはもちろん、天気が良ければ、東京スカイツリーも見えます。
荒砥川にかかる「ふれあい橋」を渡り、赤城温泉で終点となります。

起点:前橋市赤城山大洞 → 終点:前橋市苗ケ島町赤城温泉

覚満淵/赤城大沼の南東側に位置する「小尾瀬」といった雰囲気を持つ沼です。標高1360メートル、外周500メートルの沼の周囲は湿地帯となっており、沼と湿地をあわせて「覚満淵」と呼ばれています。覚満淵という名前は、允恭天皇の御代(5世紀中頃)、比叡山の高僧、覚満法師が同地において7日7夜にわたり大法会を行ったことに由来するといわれています。

アクセス

公共交通・観光・健康情報アプリ「ぐんま乗換コンシェルジュ」(外部リンク)で案内しています。

 「トップページ」>「楽しむ」>「ぐんま元気アプリ」>「関東ふれあいの道」

お問い合わせ

  • 前橋市観光政策課 電話 027-257-0675

首都圏自然歩道「関東ふれあいの道」群馬県コースへ戻る

このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2876
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。