本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県観光振興計画(原案)に関する意見募集結果の反映状況について

県では、群馬県観光振興計画について原案を作成し、令和3年1月13日から令和3年2月11日までの30日間、郵便、ファックス、電子メール、持参により、広く県民の皆様から意見の募集を行いました。
その結果、いただいた意見(延べ総数:14件)のうち1件を採択させていただき、原案を修正しました。
なお、意見募集結果の反映状況は、次のとおりです。

意見募集結果の反映状況一覧
意見の概要 修正前 修正後
全文にカタカナ言葉や略語、流行語が目立ちます。ぜひ様々な世代の県民に分かりやすく、親しみがあり、参加のできる表記をお願いします。 (語句説明なし) (語句説明を頁下部に掲載)
テレワーク:情報通信技術を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方のことで、「Tel(離れて)」と「Work(仕事)」を組み合わせた造語。自宅で働く「在宅勤務」、移動中や出先で働く「モバイル勤務」、本拠地のオフィス以外の施設で働く「サテライトオフィス勤務」といった形態がある。
10 (語句説明なし) (語句説明を頁下部に掲載)
デジタル・トランスフォーメーション(DX):AI、IoT、ビッグデータ等のデジタル技術を活用し、ビジネスモデルや組織、業務、企業文化・風土等を抜本的に変革し、新たな価値の創出により成長・競争力を強化すること。
12 (語句説明なし) (語句説明を頁下部に掲載)
データマーケティング:様々なデータを分析し、観光客のニーズ把握や効果的な情報発信など、施策へ反映させること。
13 (語句説明なし) (語句説明を頁下部に掲載)
ワーケーション:「ワーク」(労働)と「バケーション」(休暇)を組み合わせたもので、旅先で働きながら休暇を取得する過ごし方。
マイクロツーリズム:自宅から1時間から2時間程度で行ける、地元や近隣への短距離観光のこと。
14 (語句説明なし) (語句説明を頁下部に掲載)
DMO:地域の多様な関係者を巻き込み、科学的アプローチを取り入れた観光地域づくりを行うその舵取り役となる法人。Destination Management Organizationの略。
15 (語句説明なし) (語句説明を頁下部に掲載)
SDGs:国連で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す開発目標のこと。
20 (語句説明なし) (語句説明を頁下部に掲載)
インフルエンサー:SNS等を活用した情報発信によって世間に大きな影響与える人物のこと。
21 (語句説明なし) (語句説明を頁下部に掲載)
MICE:企業等の会議(Meeting)、報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を使った造語で、これらビジネスイベントの総称。

このページについてのお問い合わせ

産業経済部戦略セールス局観光魅力創出課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3381
FAX 027-223-1197
E-mail kankouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。