本文へ
表示モードの切替
印刷

介護福祉士修学資金に関する各種手続

平成20年度以前、平成26年度及び平成27年度に貸付を受けた方用

※平成21~25年度及び平成28年度以降に貸付を受けた方は、群馬県社会福祉協議会(外部リンク)へお問い合わせください。

7年間(平成26、27年度に貸与を受けた方は5年間)介護等の業務に従事した場合は、返還債務免除の申請をしてください。

※7年間(平成26、27年度に貸与を受けた方は5年間)介護等の業務に従事したことがわかる、全ての事業所の証明書が必要です。

返還免除要件の緩和

  • 東日本大震災被災県で介護業務に従事した場合や、法人内での人事異動により群馬県外へ転出した場合も、免除の算定期間に含まれます。

 返還免除要件の緩和について(PDF:104KB)

  • 過疎地での勤務の場合は、従事期間3年で返還免除になります。
 群馬県の過疎地(PDF:894KB)

介護等の業務に就く予定がない場合、又は県外の介護事業所等に勤務した場合は、修学資金返還の手続をしてください。

返還猶予期間満了後、引き続き返還の猶予を受けたい場合は、申請が必要です。

返還猶予が認められる場合

  1. 県内で介護等の業務に従事している期間
  2. 災害、病気その他やむを得ない理由がある期間(知事が認めた場合に限る)

次の場合は、速やかに届け出てください。

 就業先を変更したとき  

 修学生または保証人の住所、氏名が変更になったとき

 保証人を変更するとき

 出産・育児に伴う休職・退職をしたとき

 出産・育児のために離職していた者が県内で介護業務に復職した場合

 修学生が死亡したとき

 「介護福祉士修学資金の手引き」(平成27年度版)をダウンロードできます。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部介護高齢課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2564
FAX 027-223-6725
E-mail kaigokou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。