本文へ
表示モードの切替
印刷

犬に名札を付けましょう

 譲渡になる犬たちのほとんどは、もともと迷子犬です。
 なぜ飼い主の元へ帰れなかったかといえば、名札が無かったからに他なりません。

迷子札プレゼント!!

 譲渡になった犬たちには、もう迷子になって欲しくない!!
 そこで、譲渡時には迷子札を1つ無料プレゼントしております。お好きな色をお選びください。

迷子札(©2017群馬県)の写真
迷子札の写真(©2017群馬県)

鑑札や注射済票もお忘れなく

 狂犬病予防法に基づく犬の登録の際にもらえる鑑札や、狂犬病予防注射済票も、迷子札の代わりになります。
 合わせて首輪に付けておきましょう。咬んで遊んでしまう場合は縫い付けると安心です。

鑑札と注射済票(©2017群馬県)の写真
鑑札と注射済票の写真(©2017群馬県)

 家の中で飼っている場合も、名札は付けるようにしましょう。うっかり逃げてしまってからでは手遅れとなります。
 行方不明のご相談の際「家の中で飼っていたので、何も付いていません」とおっしゃる方は多いです。

マイクロチップ(©2017群馬県)の画像
マイクロチップのイラスト(©2017群馬県)

 首輪が抜けてしまっても、マイクロチップがあれば
 飼い主が分かります。
 ご希望の場合は、マイクロチップ挿入後の譲渡も可能です。
 譲渡の際にご相談ください。ご説明いたします。

このページについてのお問い合わせ

動物愛護センター
〒370-1103 佐波郡玉村町樋越305-7
電話 0270-75-1718
FAX 0270-65-3379
E-mail aigosen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。