本文へ
表示モードの切替
印刷

森林づくりの仕組み

 「企業参加の森林づくり」は、社会貢献として森林整備ボランティア活動をしようとする企業や団体と、自らの手でなかなか整備ができない森林所有者との間を県が橋渡ししながら、群馬県の緑豊かな森林をみんなの手で守り、育てていく取り組みです。

森林整備協定を締結し、森林づくりがスタートします:画像
  • 企業や団体の役割 資金や労働力を提供します。
  • 森林所有者の役割 森林を無償で貸し出します。
  • 県の役割 企業や団体と森林所有者を仲介します。

それぞれの協力関係が成立した場合、3~5年間の森林整備協定を締結し、森林づくりがスタートします。

協定調印時の関係者の固い握手の画像
植樹の画像

このページについてのお問い合わせ

環境森林部森林局森林保全課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3272
FAX 027-223-0463
E-mail shinrinho@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。