本文へ
表示モードの切替
印刷

森林経営管理制度について

森林経営管理制度がスタートしました

 平成31年4月1日に森林経営管理法が施行され、森林経営管理制度がスタートしました。この制度では、適切な経営管理が行われていない森林を市町村に集約し、市町村による直接管理や「意欲と能力のある林業経営者」への委託等により、林業の成長産業化と森林の適切な管理の両立を図ることを目的としています。

森林経営管理制度の概要

  1. 森林所有者に適切な森林の経営管理を促すため、森林所有者の責務を明確化しました。
  2. 森林所有者が、自ら森林の経営管理を実行できない場合に、市町村が森林の経営管理を引き受けます。
  3. 林業経営に適した森林は、「意欲と能力のある林業経営者」に管理を委託します。
  4. 林業経営に適さない森林等については、市町村が管理を行います。

《参考》森林経営管理制度(森林経営管理法)について(林野庁ホームページ:外部リンク)

森林経営管理制度の概要の画像
森林経営管理制度の概要

意欲と能力のある林業経営者

 森林経営管理法第36条に基づき、都道府県は、経営管理実施権の設定を希望する民間事業者(意欲と能力のある林業経営者)を公募し、一定の要件に適合する者を公表します。
 群馬県では、これに伴い、公募・公表等に関する基準や手続きを定めた「群馬県経営管理実施権設定希望者の登録等要綱及び実施要領」を制定しました。

群馬県経営管理実施権設定希望事業者の公表

群馬県経営管理実施権設定希望事業者を公表しています(公表ページへ)

令和2年度登録の募集は終了しました

令和2年度登録の募集は終了しました((参考)募集のページへ)

今後の募集スケジュール(予定)

  • 令和3年度登録にかかる募集は令和2年12月頃になります。

参考

 群馬県では木材の持続的・安定的な供給に必要な伐採施業(皆伐施業)と、森林の公益的機能の低下を防止するための更新施業(再造林)を適切に進めることを目的に皆伐・再造林ガイドラインを作成しています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部森林局林政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3214
FAX 027-223-0463
E-mail rinseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。