本文へ
表示モードの切替
印刷

指定施業要件の変更

 保安林に指定されると、その森林が保安林としての働きを果たすために必要最低限守らなければいけない取扱方法として指定施業要件が定められますが、このたび、法律の改正に伴い、保安林の指定施業要件が約40年ぶりに見直されることになりました。
   その内容は、次のとおりです。

植栽本数を見直します

これまで

 1ヘクタールあたり3,000本以上

見直し後

 立地条件と樹種に応じて1ヘクタールあたり1,200~3,000本以上

  • 立地条件と樹種に応じて1ヘクタールあたりの本数を決めます。
  • 択伐後の植栽本数は上記に択伐率を乗じた本数
 植栽条件の変更

間伐率の上限を引き上げます

これまで

 2/10以下

見直し後

 3.5/10以下

  • 間伐率は3.5/10を超えないもの
 間伐率の変更

 択伐(ぬき伐り)の伐採限度(択伐率)を引き上げます

これまで

 上限は3/10

見直し後

 択伐後に植栽が義務づけられている場合には、上限は4/10

  • 前回の伐採後の成長量を限度に択伐率を決めます。
  • 伐採後に植栽を行うことが義務づけられている場合には 択伐率の上限は4/10
  • 伐採後の植栽が義務づけられていない場合には、択伐率 の上限は3/10
 択伐率の変更

  新しい規制の内容を適用させるには、変更の手続きが必要です。変更手続きは県で全て行いますので、保安林所有者等の方々が処理をすることは一切必要ありません。
 変更後の内容は、今後、決定の告示が行われてから有効となります。

このページについてのお問い合わせ

環境森林部森林局森林保全課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3255
FAX 027-223-0463
E-mail shinrinho@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。