本文へ
表示モードの切替
印刷

「社会経済活動再開に向けたガイドライン」について

1  趣旨及び目的

 5月14日(木)、緊急事態宣言が解除されたことに伴い、群馬県の緊急事態措置を終了しましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、県民・事業者の皆様には引き続き、外出自粛及び休業をお願いしているところです。今後、外出自粛、休業要請を段階的に緩和していくため、「社会経済活動再開に向けたガイドライン」を策定しました。

2  ガイドライン策定の背景

 現在、新規感染者数は落ち着きを見せているものの、新型コロナウイルスの根絶は難しく、長期戦になることが想定されます。そこで、県としてガイドラインを作成し、社会経済活動の再開と感染防止策のバランスを取りつつ、一定の条件のもとで外出自粛や休業要請を段階的に解除していく方針です。

3  ガイドラインのポイント

判断基準とは…

・感染状況、医療提供体制を判断する「客観的な数値」と数値によらない「総合的な状況」の2つの要素から現状を評価します。

警戒度とは…

・県内外の感染拡大の状態を4段階で設定したものです。

行動基準とは…

・県民、事業者の皆様にお願いする行動です。警戒度に応じて決まります

行動基準の段階的な緩和の流れ

判断基準によって現状を2週間の単位で評価し、基準を満たしている場合には、警戒度を1つずつ下げていきます。そして警戒度に応じた行動基準によって、県民や事業者のみなさまに外出自粛や休業要請をお願いします。

※感染状況の悪化等の理由で警戒度を上げる場合には迅速に判断します。

4  感染拡大防止と新しい生活様式の実践

 再開後の感染再拡大に備えるため、社会経済活動再開の条件として、事業者の皆様に各団体や業界ごとのガイドラインを策定し、感染防止対策を徹底していただきます。また、県民を挙げての「新しい生活様式」の実践をお願いすることとなります。
 県としても、PCR検査数の拡充により、県内の感染状況を早期に把握するとともに、医療提供体制の整備を図り、感染の第二波、第三波に備えていきます。

〇ガイドラインの詳細については以下のPDFファイルをご確認ください。

※警戒度1における、イベント開催にかかる補足事項を追加しました〔5月28日〕。

「社会経済活動再開に向けたガイドライン」(PDF:3.26MB)

※県内の感染者の状況、近隣都県の状況等により、内容を修正することがあります。

〇新しい生活様式の詳細については以下のリンク先(群馬県)からご確認ください。
 https://www.pref.gunma.jp/02/d01g_00064.html

このページについてのお問い合わせ

総務部危機管理課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2255
FAX 027-221-0158
E-mail kikikanri@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。