本文へ
表示モードの切替
印刷

木材利用

木材利用の意義

 県内の森林資源は、戦後造林した人工林を中心に利用期を迎えています。森林から生産された木材が利用され、その収益が林業生産活動に還元されることで、伐採後の植栽が進み「植える→育てる→使う→植える」というサイクルが維持されます。これにより森林の適正な整備・保全が図られ、木材を再生産することが可能となり、森林の有する多面的機能を持続的に発揮することにつながります。 また、木材が、加工・流通を経て住宅等の様々な分野で利用されることで、木材産業や山村地域の活性化につながります。

森林資源の循環利用のイメージ画像

このページについてのお問い合わせ

環境森林部森林局林業振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3240
FAX 027-223-0154
E-mail rinshin@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。