本文へ
表示モードの切替
印刷

令和2年度外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業について(2次募集)【終了しました】

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けたインバウンド需要の減少により売上げが減少している事業者が、当該感染症収束後、速やかにインバウンド需要を回復させるため、衛生管理の徹底・改善を図るための設備・機器の整備や業態転換等を図る際の店舗の改装等の取組を支援します。
 現在、県内の外食事業者を対象に要望調査を行っていますので、当事業の活用を希望する場合は、以下の内容を確認の上、必要書類の提出をお願いします。

事業名(国庫)

 外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業

事業実施者

 外食事業者

補助対象経費

1  衛生管理の改善を図るための設備導入

 設備及び機器等の導入費、設計費、工事費(設備及び機器の設置に付随するものに限る)、設備及び機器の設置に係る費用、モニタリング・検査費用、コンサルティングに係る費用等

<対象設備の例>

 店内又は調理場の空気換気設備、手洗い設備等

2  業態転換を図るための改装

 設備及び機器の購入費、設計費、工事費、モニタリング・検査費用、コンサルティングに係る費用等

<対象となる例>

 ビュッフェスタイルから一般的な提供方法への転換、パーティションの設置等

支援内容

補助率

1/2以内

上限額・下限額(1事業申請あたり)

上限額:1,000万円
下限額:25万円

応募要件

  • 事業実施店舗において、直近3か月間の売上げが前年同期に比べ10%以上減少しており、その主たる原因がインバウンドの減少であること
  • 新型コロナウイルス感染症が従業員に発生した場合も想定した事業継続計画(BCP)を策定していること
  • 新型コロナウイルス感染症予防対策を含む一般衛生管理の実施体制を有していること 等

提出書類

定款や登記事項証明書、直近3か年分の決算報告書、事業継続計画等、追加で提出が必要となる資料がありますので、ご注意ください。事業実施計画については以下をご参照ください。

事業継続計画(BCP)の記載方法については下記のリンク先に記載例が掲載されておりますのでご参照ください。
令和2年度補正事業 外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業農林水産省ホームページ:外部リンク)

提出方法・期限

提出方法

 群馬県産業経済部経営支援課流通・サービス業係(keieika@pref.gunma.lg.jp)あてに提出資料をメールにて提出(全て電子ファイルにて提出)

提出期限

令和2年8月28日(金曜日)17時

その他

  • 農林水産省において全国からの要望を取りまとめ、予算の範囲内で採択事業者を決定することになります。ご要望をいただいた内容で採択を確約するものではございませんのでご注意ください。
  • 事業の詳細につきましては、以下の参考資料をご確認ください。

<参考資料>

問い合わせ先

群馬県産業経済部経営支援課流通・サービス業係
メールアドレス:keieika@pref.gunma.lg.jp
※新型コロナウイルス感染症の影響による勤務体制の変更のため、メールでの問い合わせにご協力をお願いします。

補助金等の情報ページへ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

産業経済部経営支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3342
FAX 027-223-7875
E-mail keieika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。