本文へ
表示モードの切替
印刷

できることから始めよう!

土砂災害による被害を軽減するために、「自分で」そして「みんなで」できることがあります。

個人でできる防災活動

砂防関係事業が対象とするエリアは広範囲にわたることから、斜面や渓流の異常は把握しきれていないのが現状です。みなさんの家の周りで見かけた土砂災害に関する情報をご提供ください。
※緊急時は電話で市町村役場へ通報してください。

土砂災害通報の画像

地域でできる防災活動

どんなに個人レベルで防災意識を持ち、家庭内の防災対策などを日頃から行っていたとしても、土砂災害発生時に地域全体として有効な対処ができるとは限りません。土砂災害に対してまちぐるみで力を発揮するためには、地域住民による組織的な防災活動が必要です。
自主防災組織は、「自分たちの家族やまちは、自分たちで守る」という地域の連帯意識に基づき、住民同士が協力して自発的につくるものです。いざというときの連絡体制や、お年寄りや体の不自由な人への避難支援などを日頃から話し合い、避難訓練を実施して問題点を解決しておきましょう。

地域の防災活動の画像
避難訓練の画像

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部砂防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3633
FAX 027-243-1680
E-mail sabouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。