本文へ
表示モードの切替
印刷

【昭和56年8月22日】台風15号による利根川増水状況(写真)

昭和56年(1981年)8月の台風15号は、昭和40年8月の台風17号以来16年ぶりに関東に上陸した台風だった。

南海上をゆっくり北上していた台風15号は、23日4時過ぎ千葉県館山市付近に上陸した。上陸時の中心気圧は965mbと、大型で並みの勢力だった。台風は上陸後も勢力が衰えず、加速しながら関東地方東部を北上し、仙台・北海道の西海上に抜けた。

この台風は東日本・北日本に影響を与え、関東地方では22から23日にかけての約30時間という比較的短い時間に強雨が降った。特に利根川と鬼怒川の上流山間部では、総雨量300~500mmに達した。
利根川水系は、随所で河岸護岸崩壊、漏水、根固め流出などの被害が生じた。

以下の写真は、台風15号によって増水した利根川及び吾妻川の状況です。

●撮影位置図

撮影位置図1
撮影位置図2

●状況写真

1.吾妻橋より下流方向(渋川市金井付近)         

増水状況写真1

2.刀水橋より上流方向(埼玉県妻沼町付近) 

増水状況写真2

このページについてのお問い合わせ

県土整備部河川課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3747
FAX 027-224-1368
E-mail kasenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。