本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県職員の退職管理について

 地方公務員法においては、職務の公正な執行及び公務に対する住民の信頼を確保するため、再就職者による現職職員への働きかけが禁止されるなど、退職管理に関する規定が設けられています。

 本県においては、「群馬県職員の退職管理に関する条例」を制定するなど、公務に対する県民の皆さまの信頼を確保するため、職員の再就職等の適正な管理に取り組んでいます。

群馬県の退職管理制度の概要

 本県の退職管理制度の概要については、次の資料をご覧ください。

 制度のポイントは、大きく3点です。

1 再就職者による働きかけの禁止

  • 本県を離職した後に営利企業等に再就職した元職員は、現職職員に対して、職務上の行為をする(しない)ように要求又は依頼すること(働きかけ)が禁止されます。(在職中のポストや職務内容により、規制の内容が異なります。)
  • 働きかけを受けた職員は、人事委員会に届出をしなければなりません。

2 再就職の届出、再就職状況の公表

  • 県を所属長以上の職で退職し、離職後2年間に再就職した者は、速やかにその旨を離職時の任命権者に届け出なければなりません。

3 群馬県退職職員人材バンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

総務部人事課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2071
FAX 027-223-3100
E-mail jinjika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております