本文へ
表示モードの切替
印刷

経常収支比率

  経常収支比率とは、財政構造の弾力性を測定する指標です。人件費や扶助費、公債費 など縮減することが容易でない経費(義務的経費)や毎年度経常的に支出する経費に、地方税や地方交付税などの一般財源がどの程度使われているかを算出したもので、低ければ低いほど財政運営に余裕(弾力性)があり、独自の政策に使えるお金が多くあることを示しています。

  一般的に、75%程度に収まることが妥当であり、80%を超える場合は財政構造が弾力性を欠いているとされてきました。しかし、地方財政全体が悪化している今日では、全都道府県が80%を超えて要注意の状態であり、100%を超える都道府県が出ることもあります。


このページについてのお問い合わせ

総務部財政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2091
FAX 027-224-9123
E-mail zaiseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。