本文へ
表示モードの切替
印刷

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)とは

 注意欠陥/多動性障害は、自分の注意力・感情・衝動をコントロールする力が弱く、不注意・多動性・衝動性により、学習や社会生活で支障をきたしている状態をいい、人によって症状の現れ方は様々です。
 なお、近年、診断基準の改定によりDSM-5(米国医学会による精神疾患の診断・統計マニュアル)を利用する医療機関では、注意欠如/多動症という診断名が用いられるようになってきています。
 広汎性発達障害と合併して症状が現れることも多く見られます。

 不注意

  • 勉強、仕事などで、不注意な過ちが多い。
  • 忘れ物が多い、物をなくすことが多い。
  • 外からの刺激に、すぐに注意をそらされてしまい、集中できない。

 多動性

  • 授業中、手足をそわそわ動かす、席を離れて歩き回るなど落ち着きがない。
  • 大声を出して騒いでしまう、静かに遊んでいられない。
  • 一方的にしゃべりすぎてしまう。

 衝動性

  • 相手の質問が終わらないうちに、出しぬけに答えてしまう。
  • じゃまをするつもりはないのに、会話やゲームに割って入る。
  • 順番が待てずに騒いだり、割り込んだりする。

群馬県発達障害者支援センターへ戻る

このページについてのお問い合わせ

発達障害者支援センター
〒371-0843 前橋市新前橋町13-12
電話 027-254-5380
FAX 027-254-5383
E-mail hatsutatsuse@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。