本文へ
表示モードの切替
印刷

暮らしの中の計量相談窓口

1.目的

計量検定所内に「暮らしの中の計量相談窓口」を開設し、県民の皆さんからの商品の量目や家庭用計量器の精度など、計量に関する相談に応じています。

2.相談の受付方法

  1. 受付日時
     平日の午前9時から午後4時までとします。
  2. 受付方法
     相談は来所・電話・FAX等で受付けます。
     ※来所での相談の際は、事前に電話で御連絡ください。
  3. 対応方法
     原則として、相談は無料とし、即日対応いたします。ただし、計量器の検査等結果書を必要とする場合は、依頼検査として所定の手数料を納付していただく場合があります。

3.過去の相談から

(質問1)
 最近新車を購入しましたが、そのとき営業マンに「サービスに燃料を20リットル入れておきました。」と言われ、数10キロメートル試運転した後、スタンドに行って「満タン」で給油したところ、予想外の燃料が入りました。そのガソリンスタンドの計量器は狂っていませんか?
(答え1)
 相談のあった当該スタンドへ立入検査を実施し、給油速度の最大で10リットル、その約10分の1の速さで5リットルを、1回ずつ計量して検査を行いましたが、それぞれ「定められた合格範囲内」でした。
 なお、ガソリンスタンドの計量器は、計量法で7年の有効期間が定められており、有効期間満了時の検査(特定計量器の検定)における合格範囲は±0.5%、有効期間内の検査(立入検査)における合格範囲は±1%となっています。
(質問2)
 内容量表記のあるパック入りの「マグロの刺身」を購入したところ、刺身の下に白いスポンジ製の敷物、緑色のビニール、プラスチックの花、それにパックされた「醤油とわさび」が付いていました。このような「マグロ」以外のものも内容量に含まれるのですか?
(答え2)
 「マグロ」以外のものは風袋(ふうたい)といって、商品の内容量には含まれません。
 相談のケースでは、トレイやビニールなどの容器、敷物、醤油やわさびなど、風袋の重さを引いた「マグロ」本体の内容量を表記し、販売する必要があります。


関連リンク

計量検定所へ戻る

このページについてのお問い合わせ

計量検定所
〒379-2152 前橋市下大島町81-13
電話 027-263-2436
FAX 027-263-3142
E-mail keiryou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。