ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農政部 > 蚕糸園芸課 > 群馬県内水面漁場管理委員会について

本文

群馬県内水面漁場管理委員会について

更新日:2023年12月12日 印刷ページ表示

1 内水面漁場管理委員会とは

 内水面漁場管理委員会は、内水面における水産動植物の採捕、養殖及び増殖に関する事項を処理するための行政委員会です。漁業法と地方自治法に基き、都道府県に設置され、知事の監督に属しています。委員会の委員は、漁業者代表、採捕者(遊漁者)代表、学識経験者で構成され、総数は群馬県の場合13名です。
 漁業権の免許、漁業調整規則の改正、遊漁規則の認可等に関する知事からの諮問への答申や、水産資源保護等に関する指示の発出等を行っています。

2 群馬県内の漁場管理委員会指示について

群馬県内水面漁場管理委員会では、漁業法第120条第1項及び第171条第4項の規定に基づき、次のとおり指示を出しています。

 ○令和4年群馬県内水面漁場管理委員会指示第1号~3号(PDF:868KB)

  • コイの持ち出しに関する委員会指示
    持ち出し禁止区域(PDF:90KB)
  • コイの移植、投棄に関する委員会指示
  • コクチバスのリリースに関する委員会指示

3 委員会の開催

 委員会は傍聴可能です。下記連絡先までお問い合わせください。

4 主な議題

  1. 漁業法に関係した知事からの諮問事項
  2. 群馬県内における漁業調整
  3. その他漁場管理に関する事

5 開催状況