ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 県土整備部 > 道路管理課 > 群馬県無電柱化推進計画2019

本文

群馬県無電柱化推進計画2019

掲載日:2019年4月19日 印刷ページ表示

群馬県無電柱化推進計画 2019とは

 この計画は、「魅力あふれる群馬」の実現を目指し、群馬県における道路の無電柱化を積極的に推進するため、今後10年間で優先的に無電柱化する区間や整備目標を定めた計画です。
平成7年の「電線共同溝の整備等に関する特別措置法」の制定以降、主に電線共同溝の整備により無電柱化を進めてきましたが、多大な費用と長期の事業期間が必要となっています。本計画では、電線共同溝以外の多様な整備手法を組み合わせて、低コストで整備するなど、更なる道路の無電柱化に向けて、具体的な施策を定めています。

1.目的

 群馬県における緊急輸送道路ネットワークの信頼性向上、安全で快適な歩行空間や自転車通行空間の形成および群馬県の観光資源や歴史・文化遺産と一体となった魅力ある景観づくりを目的として、道路管理者と電線管理者の官民連携による無電柱化の推進を目指します。

2.対象路線

 群馬県全域における国道、県道および市町村道を計画対象路線とします。(計画・事業中の新設道路も含む)

3.計画期間

 2019年度(平成31年度)~2028年度の10年間とし、概ね5年毎に見直しを行います。

4.計画の特徴

  • 「無電柱化の推進に関する法律」に基づき策定された群馬県初の無電柱化推進計画
  • 国道・県道・市町村道全ての県内道路を対象とした全国初の無電柱化推進計画
  • 電線管理者と強力に連携し、電柱移設も含めた柔軟な無電柱化整備方針
  • 「防災」「安全・円滑な交通確保」「景観形成・観光振興」を目的とした、今後10年間における分野毎の優先箇所、目標を定めた計画

群馬県無電柱化推進計画2019(概要版)

群馬県無電柱化推進計画2019(全体一括版)

群馬県無電柱化推進計画2019(分割版)

ぐんまの道づくりトップページへ戻る