ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 県土整備部 > 河川課 > 群馬県における流域一体となった総合的な浸水対策の推進(防災・安全)

本文

群馬県における流域一体となった総合的な浸水対策の推進(防災・安全)

掲載日:2019年2月19日 印刷ページ表示

計画の名称

群馬県における流域一体となった総合的な浸水対策の推進(防災・安全)

計画の期間

平成27年度~平成31年度(5年間)

計画の目標

 集中豪雨の多発や都市化の進展に伴う被害リスクの増大に対し、利根川水系の各流域における総合的な浸水対策を実施することにより、水害に強い県土をつくるとともに、安心安全な県民生活の確保を図る。

計画の成果目標(アウトカム指標)

計画確率規模の降雨による河川の氾濫により浸水被害を受ける恐れのある区域の面積

アウトカム指標の現況値及び目標値
当初現況値(平成27年度当初) 中間目標値(平成29年度末) 最終目標値(平成31年度末)
87.8平方キロメートル   71.2平方キロメートル

河川の要改修延長に対し、河川改修等によって時間雨量50ミリメートルもしくは確率1/5以上の降雨規模に対する流下能力が確保された延長の割合

アウトカム指標の現況値及び目標値
当初現況値(平成27年度当初) 中間目標値(平成29年度末) 最終目標値(平成31年度末)
34.2%   35.7%

堤防点検における要対策区間に対し、安全度を確保した区間の割合

アウトカム指標の現況値及び目標値
当初現況値(平成27年度当初) 中間目標値(平成29年度末) 最終目標値(平成31年度末)
23.0%   38.3%

計画書

※平成30年度以降の事業については、今後の予算状況等により、事業箇所や事業期間等が変更となる可能性があります。

社会資本総合整備計画へ戻る