ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農政部 > 吾妻農業事務所普及指導課 > 永年草地管理研修会(第3弾)を開催しました

本文

永年草地管理研修会(第3弾)を開催しました

掲載日:2021年3月8日 印刷ページ表示

令和2年6月22日発
吾妻農業事務所普及指導課

 吾妻東部の若手酪農家の有志4名が集まり、昨年実施した不耕起播種機によるペレニアルライグラスの追播後の生育状況確認と、種苗会社の職員による、永年草地の管理研修会を開催しました。

1.ねらいと背景

 吾妻東部地域の若手酪農家有志メンバーは、永年草地を利用した自給飼料生産に取り組んでいます。今回は、昨年開催した、不耕起高速汎用播種機によるペレニアルライグラスの追播実演会の第3弾として、追播後、1番草収穫前の生育状況を確認しながら研修会を開催しました。

2.取り組み内容

 研修会は、5月11日に、中之条町のチモシー・オーチャード主体の永年草地で行い、新型コロナウイルス感染症対策のため、少人数ではありましたが、若手酪農家有志メンバー4名の参加がありました。まず、ペレニアルライグラス追播後の生育状況を確認し、その後、種苗会社の専門家を講師に、「牧草の品種特性と草地管理」について、ほ場を観察しながら説明を受けました。牧草の品種選定は、湿害や、暑さ干ばつに強く、病気に強い品種を選ぶこと、肥料の効きや飼料作物が好む土壌pHは6.0~7.0であるため、適正範囲を維持すること等を学びました。また、研修会の最後に鳥獣害対策について情報提供しました。参加者からは、「草地管理と鳥獣害対策の話しは勉強になった。また、研修会に参加したい」といった言葉が聞かれ、より一層草地管理への関心を高めることができました。

3.今後の方向

 次回研修会は、秋頃に夏越ししたペレニアルライグラスの生育状況確認と合わせて、草地管理研修会を開催予定です。

草地研修会風景写真
草地研修会風景

永年草地の様子写真
永年草地の様子

吾妻農業事務所トップページへ戻る