ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 感染症・がん疾病対策課 > 群馬県がん対策推進条例

本文

群馬県がん対策推進条例

掲載日:2020年4月6日 印刷ページ表示

 がんは、群馬県民の死亡原因の第1位であり、県民の健康及び生命にとって重大な問題となっています。本県では、すべての県民が、がんに関する理解と関心を深め、互いに支え合いながら、県民が一体となってがん対策を進めていくことを目的として、平成22年12月に議員提案により「群馬県がん対策推進条例」が制定されました。

群馬県がん対策推進条例(PDFファイル:185KB)

特徴

  • 条例の立案に当たった議員の思いを込めた前文を設けています。
  • 条例の実施状況について、3年ごとに検討し、必要な見直しをすることを定めています。

改正の概要

 <平成26年4月1日施行>

  • がん教育の充実が求められることから、県と連携して取り組む先に「教育機関」を追加しました(第6条)。
  • 充実が求められている「小児がん対策」を追加しました(第7条)。

 <平成29年4月1日施行>

  • 「全国がん登録」の法制化に伴い、「地域がん登録」を「全国がん登録」に変更しました(第11条)。
  • がん患者等への「就労支援」の必要性が高まっていることから、新たに条文を設けました(第14条)。

 <令和2年4月1日施行>

  • AYA世代のがん患者への医療提供体制の充実、がんゲノム医療の推進を追加しました(第7条)。
  • AYA世代のがん患者への相談支援等の体制の充実を追加しました(第13条)。