ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 国保援護課 > 第2期群馬県国民健康保険運営方針について

本文

第2期群馬県国民健康保険運営方針について

掲載日:2021年3月29日 印刷ページ表示

群馬県では、「第2期群馬県国民健康保険運営方針」を令和3年3月に策定しました。

1 策定の趣旨

 群馬県国民健康保険運営方針は、平成30年度からの新しい国民健康保険制度において、県と市町村が一体となって制度を運営することにより、国民健康保険の財政の安定化と事業の広域化及び効率化を推進するため、本県の国民健康保険の運営に関する統一的な方針として平成30年3月に策定し、令和2年度までを対象期間としていました。
   第2期群馬県国民健康保険運営方針では、引き続き県と市町村が一体となって制度を運営するなか、令和5年度までの対象期間において、「財政運営の都道府県単位化」の趣旨の深化(法定外繰入等の着実な解消、保険料水準の統一に向けた議論、医療費適正化の更なる推進など)を図っていくこととしています。

2 法的な位置付け

 国民健康保険法第82条の2に基づく国民健康保険事業の運営方針

3 対象期間

 令和3年度から令和5年度までの3年間

4 運営方針の構成

 第1章 基本的事項
 第2章 国民健康保険の医療に要する費用及び財政の見通し
 第3章 納付金及び標準保険料率の算定方法
 第4章 保険税の徴収の適正な実施
 第5章 保険給付の適正な実施
 第6章 医療費の適正化の取組
 第7章 市町村事務の広域的及び効率的な運営の推進
 第8章 保健医療サービス・福祉サービス等に関する施策との連携
 第9章 その他安定的な財政運営及び効率的な事業運営のために必要な連絡調整等

運営方針(全文)

第2期運営方針(分割版)

国民健康保険制度の運営についてへ戻る