ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 衛生環境研究所 > 手洗いをしましょう

本文

手洗いをしましょう

更新日:2021年10月13日 印刷ページ表示

左:手洗い前、右:手洗い後の画像手洗いは、感染症予防の基本です。
日頃から、正しい手洗いを身につけましょう。

 目に見えない病原体が、直接または間接的に手指などについて、口などから体内に入ることで感染をおこします。
 病原体を手指から落とすには、流水で十分に洗うことが大切です。

効果的な手の洗い方

通常の手洗い

 流水と液体石けんを用いた手洗いです。以下のような場合は、通常の手洗いをしましょう。

  • 調理や食事の前
  • トイレ補助やおむつ交換の後
  • 動物に触った後
  • その他手が汚れたとき

衛生的手洗い

 消毒薬を用いる手洗いです。「通常の手洗い」で汚れを落としたあとに消毒薬を使用します。消毒薬の使用方法は、消毒薬に添付されている書類などで確認してください。以下のような場合は、衛生的手洗いをしましょう。

  • 下痢などのおむつを取り替えた後
  • 血液、排せつ物にふれた後
  • 血液、体液、排せつ物で汚れた器具や衣類を取り扱った後

手洗いの手順

手洗いの手順の画像

手洗いの手順は、以下のとおりです。

  1. 最初に、流水で目に見える汚れを落とす
  2. 液体石けんをつけ、よく泡立てる
  3. 手のひらを合わせてよくこする
  4. 手の甲を伸ばすようにこする
  5. 指の先も、片方の手のひらに円を描くように洗う
  6. 指を組み、指の間をこすり合わせる
  7. 指を1本ずつ洗う(指の付け根をねじるように洗う)
  8. 手首も忘れずに洗う
  9. 流水で泡と汚れをきれいに洗い流す
  10. きれいな個人用のタオル又はペーパータオルで拭く

 タオルの共用は危険です。個人用のタオルやペーパータオルなどを使いましょう。
 汚れた手で触った蛇口は、最後に水をかけ、きれいにしてから止めましょう。

手洗いポスター

 手洗いポスターは、学校や家庭でご利用ください。塗り絵版もあります。

外部リンク

群馬県感染症情報に戻る