ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活こども部 > 消費生活課 > 虚偽・誇大なアフィリエイト広告に関する注意喚起【消費者庁】

本文

虚偽・誇大なアフィリエイト広告に関する注意喚起【消費者庁】

掲載日:2021年3月2日 印刷ページ表示

消費者庁は、虚偽・誇大なアフィリエイト広告に関する注意喚起を行いました。

アフィリエイト広告を見て、通信販売の化粧品を購入した消費者から、「シミが消えるなどと表示されていたので信じて購入したが、表示されていたような効果はなかった。」といった相談が、各地の消費生活センターなどに数多く寄せられています。
消費者庁と長野県が合同で調査を行ったところ、株式会社Libeiroが販売する「エゴイプセビライズ」と称する化粧品と、株式会社シズカニューヨークが販売する「シズカゲル」と称する医薬部外品の販売において、それぞれ消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがある行為(虚偽・誇大な広告・表示)を確認したため、消費者安全法(平成21年法律第50号)第38条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。

虚偽・誇大なアフィリエイト広告に関する注意喚起(消費者庁ホームーページ)<外部リンク>