ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活こども部 > 生活こども課 > 犯罪被害者等の現状

本文

犯罪被害者等の現状

掲載日:2011年3月1日 印刷ページ表示

犯罪被害者等が抱える様々な問題とは…

深刻な二次的被害

 犯罪の被害に遭われた方、そのご家族やご遺族が抱える問題は、

  • 命を奪われる
  • けがをする
  • 財産を盗まれる

といった犯罪による直接的な被害だけではありません。

 例えば、このほかにも…

  • 事件に遭ったことによる精神的ショックや身体の不調
  • けがをしたことによる医療費の負担や失職・転職などによる経済的困難
  • 捜査や裁判の過程における精神的、時間的負担
  • 周囲の人々の無責任な噂話やマスコミの取材、報道によるストレス

など、被害を受けた後に生じる様々な問題に苦しめられます。
 このような問題は、「二次的被害」と呼ばれています。

被害者の心理

  • 心理的反応・恐怖感
    • 自責感
    • 無気力・絶望感
    • 孤独感・疎外感
    • 怒り・復讐心
  • 身体的反応・緊張・動悸・下痢・吐き気
    • 不眠・悪夢
    • 食欲不振
    • 感覚的反応
    • 感覚・感情がマヒする
    • 現実だという感覚がない
    • 自分が自分でないと感じる
    • 記憶力、判断力の低下