ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 総務部 > 消防学校 > 消防職員専科教育火災調査科

本文

消防職員専科教育火災調査科

掲載日:2018年2月8日 印刷ページ表示

教育訓練到達目標

  • 火災調査業務に係る制度を理解し、与えられた権限を正しく執行できること。
  • 原因調査、損害調査及び鑑識等に係る専門的知識を豊富に有し、的確な判断能力を備えていること。
  • 文書実務に係る知識を豊富に有しており、技能を十分に発揮できること。

教育期間

10日

教育内容

座学

損害調査、現場の見方・原因調査の進め方、調査書類、火災統計、静電気火災、火災調査を取り巻く法律関係(情報開示・照会対応)、火災調査概論、雷の基礎知識、検知管の原理、車両構造・過去の出火事例、原因調査要領(電気火災)、原因調査要領(石油火災・微小火源等)、調査書類作成要領、事例研究など

実習

模擬家屋調査実習、鑑識要領(独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite))、火災調査発表会など

座学の様子の写真
座学の様子

事例研究の写真
事例研究

模擬家屋調査実習(現場見分)の写真
模擬家屋調査実習(現場見分)

模擬家屋調査実習(発掘調査)の写真
模擬家屋調査実習(発掘調査)

鑑識要領の写真
鑑識要領

火災調査発表会の写真
火災調査発表会

消防学校における教育訓練のページに戻る
消防学校トップページに戻る