ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 環境森林部 > 林政課 > 森林整備への支援『造林補助制度』

本文

森林整備への支援『造林補助制度』

掲載日:2021年7月28日 印刷ページ表示

森林は、木材など人の暮らしを支える生産物を供給するとともに、国土の保全、水資源のかん養、自然環境の保全、景観の形成等多くの公益的機能を有し、私たちの暮らしに深く結びついています。
群馬県は、森林の造成や間伐などの森林整備を支援し、健全な森林づくりを進めています。
あなたの森林づくりを資金面から支援します。どうぞ、ご利用ください。

事業主体

 あなた自身が作業する場合、または、森林組合等に作業を委託する場合、補助の対象になります。
 なお、事業内容によっては、事業主体となる者が森林経営計画の認定を受けるか、特定間伐等促進計画の実施主体となる必要があります。

事業規模

人工林・天然林にかかわらず、1施行地の面積が0.10ヘクタール以上の面積を作業した場合で、一定の基準を満たせば補助の対象となります。
なお、間伐及び更新伐については、上記の他、以下の要件を全て満たす必要があります。

  • 1申請で5ヘクタール以上まとめること
  • 1申請で搬出される間伐または更新伐の材積がそれぞれ1ヘクタール当たり平均10立方メートル以上になること

また、皆伐・再造林一貫作業については、以下の要件を全て満たす必要があります。

  • 森林経営計画に基づき皆伐・再造林を実施するもの
  • 森林経営計画対象森林において、面的に連続する3ヘクタール以上に団地化し一体的に実施するもの
  • 事業主体が森林所有者と締結した長期契約に基づいて行う再造林、下刈、鳥獣害防止施設等整備
  • 川中、川下と連携し計画的な木材供給を行った皆伐施行地
  • ただし、公有林は除く

補助対象

補助対象事業一覧
事業区分 事業内容(補助対象) 補助対象林齢
皆伐・再造林一貫作業 伐採・搬出作業と平行又は連続して、伐採・搬出時に用いる林業機械を地拵え又は苗木等の資材運搬に活用するとともに、伐採跡地において植生が繁茂しないうちに植栽を終わらせることで、一連の造林作業の効率化を図る作業。
(1ヘクタール当たり1500本以上植栽したもの)
 
人工造林 森林の造成を目的とした苗木植栽等の作業。
(1ヘクタール当たり1500本以上植栽したもの)
 
下刈 雑草木の除去作業。 10年生以下
雪起こし 雪圧倒伏木を起こす作業。 25年生以下
枝打ち 林木の枝葉の一部の除去を行う作業。 30年生以下
除伐 不用木の除去を行う作業。 25年生以下
保育間伐 適正な密度管理を目的とした不用木の除去、不良木の淘汰を行う作業。
(伐採率20%以上)
35年生以下
間伐 適正な密度管理を目的とした不用木や除去、不良木の淘汰、搬出集積を行う作業。
(伐採率20%以上)
60年生以下
更新伐 複層林の造成を目的として行う不用木や不良木の除去、搬出集積を行う作業。
(伐採率20%以上)
90年生以下
鳥獣害防止施設等整備 健全な森林の造成・保全を目的として、野生鳥獣による森林被害の防止等を図るため上記施業と一体的に行う作業。(忌避剤散布、獣害防止柵など。)  

補助金額

補助金は、県が定める事業費(標準単価)に対して、おおむね次のとおり交付されます。

人工造林

 皆伐・再造林一貫作業は、標準単価の93.5%
 針葉樹は、標準単価の30%~88%
 広葉樹は、標準単価の36%~88%

下刈

 皆伐・再造林一貫作業は、標準単価の93.5%
 標準単価の36%~68%

枝打ち等保育

 標準単価の40%~68%

間伐、更新伐

 標準単価の68%

鳥獣害防止施設等整備

 皆伐・再造林一貫作業は、標準単価の93.5%
 上記以外は、標準単価の36~68%

令和3年度の主な標準単価および標準的な補助金(1.0ヘクタール当たり)

森林経営計画等の計画に基づき実施した場合
作業の種類 補助要件 区分 単価(千円) 標準的な補助金 実質補助率
人工造林(再造林) 千5百本以上/ヘクタール 皆伐・再造林一貫作業
スギ2千6百本/ヘクタール
803千円 751千円 93.5%
スギ2千6百本/ヘクタール 927千円 630千円 68%
コナラ2千6百本/ヘクタール 826千円 562千円 68%
人工造林(拡大造林) 千5百本以上/ヘクタール スギ2千6百本/ヘクタール 949千円 645千円 68%
コナラ2千6百本/ヘクタール 848千円 577千円 68%
下刈   皆伐・再造林一貫作業 179千円 167千円 93.5%
上記以外 179千円 122千円 68%
枝打ち     228千円 155千円 68%
除伐     161千円 109千円 68%
保育間伐 伐採率20%以上   131千円 89千円 68%
間伐 車両系
伐採率20%以上
10立方メートル未満 105千円 71千円 68%
10~20立方メートル 164千円 112千円 68%
20~30立方メートル 223千円 152千円 68%
30~40立方メートル 283千円 192千円 68%
40~50立方メートル 311千円 211千円 68%
50~60立方メートル 371千円 252千円 68%
60~70立方メートル 430千円 292千円 68%
70~80立方メートル 489千円 333千円 68%
80立方メートル以上 548千円 373千円 68%
忌避剤散布 上記施業と一体的に行う 皆伐・再造林一貫作業 76千円 71千円 93.5%
上記以外 76千円 52千円 68%
獣害防止柵 上記施業と一体的に行う
(500m/ヘクタールを想定)
皆伐・再造林一貫作業 1,050千円 982千円 93.5%
上記以外 1,050千円 714千円 68%

標準単価及び補助金の額は、各種条件により変わる場合があります。

造林・間伐についてのお問い合わせは、最寄りの環境森林事務所又は森林事務所へ

  • 渋川森林事務所 (電話 0279-22-2763)
  • 西部環境森林事務所 (電話 027-323-4021)
  • 藤岡森林事務所 (電話 0274-22-2253)
  • 富岡森林事務所 (電話 0274-62-1535)
  • 吾妻環境森林事務所 (電話 0279-75-4611)
  • 利根沼田環境森林事務所 (電話 0278-22-4481)
  • 桐生森林事務所 (電話 0277-52-7373)

または、各地区の森林組合へお問い合わせください。

支援制度などの情報ページに戻る