本文へ
表示モードの切替
印刷

オーラルフレイルをご存じですか?

オーラルフレイルとは、歯の喪失や、食べる、話すといった口の機能が弱ることをいい、
フレイル(全身の機能が弱ること)や要介護状態に進む要因の一つともいわれています。

健康な夫婦の画像

あてはまるものはありますか?

気になる症状の画像

お口に関する「ささいな衰え」が積み重なると、全身の機能の低下にもつながります。

オーラルフレイルに早期に気づき対応すれば健康な状態に戻すことが可能です。

自分のお口の健康状態を知りましょう(オーラルフレイルセルフチェック)

あてはまる項目にチェックをしてみましょう。

オーラフレイルチェック表
質問項目 はい いいえ
半年前と比べて、かたい物がたべにくくなった  
お茶屋汁物でむせることがある  
入れ歯を入れている ※注  
口のかわきが気になる  
半年前と比べて、外出が少なくなった  
さきイカ、たくあん位のかたさの食べ物をかむことができる  
1日2回以上、歯を磨く  
1年に1回以上、歯医者に行く  

※注、歯を失ってしまった場合は入れ歯等を適切に使って、かたい物をしっかり食べることができるように治療することが大切です。

判定結果の画像

オーラルフレイルを予防するには

 日頃からオーラルフレイルを予防し健康寿命の延伸を目指しましょう。

オーラルフレイル予防方法の画像

かかりつけ歯科医をもちましょう

オーラルフレイルは、自覚しにくいお口に関する「ささいな衰え」です。早期にオーラルフレイルに気づき、適切な対応をすることで健康な状態に戻すことができます。
かかりつけ歯科医をもって定期的に通い、お口の健康を守りましょう。

歯科医師の画像

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部健康長寿社会づくり推進課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2602
FAX 027-243-2044
E-mail chouju@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。