本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県介護に関する入門的研修について

 これまでに介護の知識や経験がない方が、介護に関する基本的な知識を身に付けるとともに、介護を実践する際に必要な技術を学んでいただく研修を開催することにより、介護分野への参入のきっかけを作り、多様な人材の参入の促進を図るため、「群馬県介護に関する入門的研修実施要綱」を制定し、入門的研修の実施に当たり必要な事項を定めました。
 なお、市町村が本研修を実施するために要する経費については、「介護に関する入門的研修支援事業」として、地域医療介護総合確保基金事業費補助金の交付対象としております。

実施要綱等

参考通知

群馬県介護に関する入門的研修の概要

研修実施主体

群馬県及び市町村

対象者

企業等で定年退職を予定している者や、中高年齢者、子育てが一段落した者のほか、地域住民や学生など

研修内容及び時間数

研修内容及び時間数
研修科目 研修時間数 研修内容
基礎講座 介護に関する基礎知識 1.5時間
  • 介護に関する相談先(市区町村の窓口、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所)
  • 介護保険制度の概要(サービスの種類、利用手続き、利用者負担など)
  • 介護休業制度などの仕事と介護の両立支援制度の概要(介護休業や介護休暇などの内容や利用手続きなど)
介護の基本 1.5時間
  • 介護における安全・安楽な体の動かし方(ボディメカニクスの活用)
  • 介護予防・認知症予防に使える体操(介護予防の理解、手軽に取り組める指先や手などを使った体操の紹介)
入門講座 基本的な介護の方法 10時間
  • 介護職の役割や介護の専門性
  • 生活支援技術の基本(移動・移乗、食事、入浴・清潔保持、排泄、着脱、整容、口腔清潔、家事援助に係る介護や支援の基本的な方法)
  • 老化の理解(老化に伴う心身機能の変化と日常生活への影響など)
認知症の理解 4時間
  • 認知症を取り巻く状況(認知症高齢者の今後の動向や認知症に関する施策など)
  • 認知症の中核症状とBPSD、それに伴う日常生活への影響や認知症の進行による変化
  • 認知症の種類とその原因疾患、症状、生活上の障害などの基本的な知識
  • 認知症の人及びその家族に対する支援や関わり方
障害の理解 2時間
  • 障害の概念や障害者福祉の理念(ノーマライゼーションやICFの考え方)
  • 障害特性(身体、知的、精神、発達、難病等)に応じた生活上の障害や心理・行動の特徴などの基本的な知識
  • 障害児者及びその家族に対する支援や関わり方
介護における安全確保 2時間
  • 介護の現場における典型的な事故や感染など、リスクに対する予防や安全対策、起こってしまった場合の対応等に係る知識
  • 介護職自身の健康管理、腰痛予防、手洗い・うがい、感染症対策等に係る知識
合計時間数 21時間  

修了証の発行について

研修修了者には、実施主体の首長名で修了証明書が交付されます。

研修修了者に対する就職等の支援

入門的研修修了者に対しては、介護に関するボランティア等の周知及び登録案内や介護福祉士等届出制度の周知及び登録案内等のマッチング支援に努めることとします。
また、介護分野での就労を希望する者には群馬県福祉マンパワーセンター等と連携を図り、介護・福祉分野への就労を支援することとします。

入門的研修と各種研修等との関係

入門的研修は資格としての位置づけはありませんが、研修修了者が介護職員初任者研修等を受講する場合には、その課程の一部が免除される場合があるなど、就労後のステップアップにも配慮された制度となっています。

入門的研修と各種研修等との関係(PDF:136KB)

関連リンク

介護人材の確保・育成トップページにもどる

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部介護高齢課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2564
FAX 027-223-6725
E-mail kaigokou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。