本文へ
表示モードの切替
印刷

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

群馬県内の流行状況

 感染症発生動向調査では、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)の患者は、年間を通して報告されています。
 地域別・年齢別の詳しい患者報告数の情報は、地域別・年齢別疾病報告状況をご覧ください。

どんな病気?

 ムンプスウイルスの感染により耳下腺(耳の下)や顎下腺(両あごの下)の腫脹を特徴とする感染症です。
 ウイルスを含む唾液の飛沫や接触で感染し、潜伏期間は2~3週間で、両側又は片側の耳下腺や顎下腺が痛みを伴って腫れます。発熱を伴うこともあります。また、感染しても症状があらわれないこと(不顕性感染)もあります。まれに合併症もみられるため、症状(耳下腺が腫れるなど)がみられたら、医療機関を受診しましょう。
 学校保健安全法では、「耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後五日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで」は出席停止とされています。出席については、学校医もしくはかかりつけの医師に相談してください。

予防方法は?

 手洗い・うがいが基本です!

 ウイルスを含む唾液の飛沫や接触で感染しますので、予防には手洗いとうがいを行いましょう。1歳以上の方は、任意でおたふくかぜワクチンを接種することができます。接種については、かかりつけの医師に相談してください。

このページについてのお問い合わせ

衛生環境研究所
〒371-0052 前橋市上沖町378
電話 027-232-4881
FAX 027-234-8438
E-mail eikanken@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。