本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県私立高等学校等奨学のための給付金制度について【終了しました】

令和2年度の申請を受付を再開します

 令和2年度の申請を次のとおり受け付けます。

1.概要および目的

 子どもが私立高等学校等に通う保護者に対し、給付金を給付することにより経済的負担の軽減を図り、教育の機会均等に寄与することを目的とします。

2.給付対象者

 令和2年7月1日現在で、以下の要件を全て満たす世帯が支給対象となります。

  1. 「3.給付額」の給付額一覧表の各世帯区分に該当すること
  2. 保護者(親権者)が群馬県内に在住する世帯
  3. 就学支援金の支給対象である私立高等学校等に生徒が在籍しており、休学中でないこと
  4. 生徒が平成26年4月1日以降に高等学校等に入学した者であること(生徒1人につき年1回、通算3回(通信制等は4回)まで。「学び直しのための支援金」対象者はこれに加えて2回まで)

 ただし、以下の場合に該当する場合は支給対象外となります。

  • 特別支援学校の高等部に在学している者
  • 児童福祉法による児童入所施設措置費(見学旅行費又は特別育成費(母子生活支援施設の高校生等を除く))を受給している高校生等
  • 保護者等が海外に在住している等の理由により、保護者等全員分の課税証明書が確認出来ない場合

3.給付額

 該当する区分に応じて、生徒1人につき以下の額(年額)を給付します。

給付額一覧
世帯区分 対象高校生等 給付額
生活保護(生業扶助) 通信制 52,600円
通信制以外
所得割額非課税世帯(※1)
家計急変世帯(※2)
通信制 38,100円
通信制以外 (1)23歳未満の扶養されている兄・姉がいる場合 138,000円
(2)23歳以上の扶養されている高校生等の兄・姉がいる場合
(3)通信制の高校等に通う扶養されている弟・妹がいる場合
(4)高校生等ではない15歳以上(中学生を除く)以上23歳未満の扶養されている弟・妹がいる場合
(5)上記(1)~(4)以外 103,500円

※1 道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額が非課税(0円)の世帯
※2 新型コロナウイルス感染症の影響等の災害等により収入減少し、保護者等全員が非課税に相当すると認められる世帯(災害等に起因しない収入の減少(定年退職等)は、対象となりません)
 また、給付額は、7月までに家計が急変した場合の額です。家計急変の発生月により給付額は異なります。

年収見込額
保護者等+扶養親族等の人数 年収見込額
1人 1,000,000円以下
2人(ひとり親1人+生徒) 2,044,000円未満
3人 2,216,000円未満
4人 2,716,000円未満
5人 3,216,000円未満
  • この場合の年収とは、会社員の場合は給与収入、自営業の場合は収入額から必要経費を差し引いた所得金額をいいます。
  • 扶養親族等とは、扶養親族及び控除対象配偶者をいいます。
  • 上表に該当しない場合は、個別にお問い合わせください。

※3 令和2年度に限り生活保護(生業扶助)世帯を除く給付対象世帯に対し、オンライン学習等のために要する通信費として、上記給付額に10,000円を追加支給します(家計急変世帯は家計急変の発生月により額が異なります)。

4.提出期限・提出方法

 提出期限等は以下のとおりです。