本文へ
表示モードの切替
印刷

二次被害にご注意ください!

 二次被害とは、一度被害にあった人に被害の回復を持ちかけたりするなどして、お金をさらにだまし取ろうとする手口です。原野商法の被害者を狙って被害回復をもちかける悪質な勧誘や以前に契約し、退会した複合サービス会員の利用料を突然請求されるなどの二次被害に関する相談が寄せられています。
 二次被害は、以前、被害にあわれた方が狙われます。十分に注意をしてください。そして、相手の言うとおり現金を支払わないでください。

相談事例

(1)原野商法の二次被害

 以前、原野商法で購入した土地を買いたい人がいると何度も電話で勧誘され、造成工事契約と売買予約契約をした。業者は2人で何度も来訪した。知り合いの不動産業者を入れて話し合いたいと申し入れたが、買主、売主両方から手数料が欲しいので、業者を入れないで欲しい、また買主は造成工事が終了した土地を望んでいると説明された。造成費用は土地の売買代金から差し引いて構わないと何度も伝えたが、折り合わず、造成費用として100万円を払った。1年以上経過しても、造成工事をせず、土地も買い取らない。

(2) ワンクリック請求

 電子消費者契約通信未納利用料請求最終督促状が封書で届いた。以前、インターネット検索中にアダルトサイトに繋がり、突然員登録になってしまい69万円払ったことがある。
 好きなアイドルを検索中にアダルトサイトに繋がり、突然会員登録になってしまったので、そのサイトにあった電話番号に電話した。後日、69万円を請求され振り込んだ。その際自宅の電話番号を教えてしまった。その後請求電話が度々あったが払っていない。今回は封書で、有料アダルトサイト未納分について委託を受けたと、債権回収組合から督促状が届いた。請求金額の記載がなく、組合に連絡するよう書いてあり心配。

(3) 複合サービス会員

 6年前の会の登録が抹消されていない、会って解約手続きをしたいと言われ、6日前に販売員と会ったら絵画の契約をさせられた。
 6年前に会に登録したが、以前契約した会は全額払って退会手続きをした。事業者から電話があり、以前の会が休止状態になっている、登録が抹消されていない、会って解約手続きをしたいと言われ、駅で待ち合わせ、近くの喫茶店に行った。以前契約した会の解約手続きをするので絵画を購入してもらいたいと言われた。絵画を契約したが、別業者との契約で不審。

(4) 資格取得等用教材

 6年前に、トレース検定に合格したら仕事を斡旋してくれる内容だったので教材を申し込んだ。実際はなかなか合格しないで年月が過ぎた、今回、電話があり、学習が終わっていないので登録を削除する必要があると説明された。申込書を送るからお金を振り込んだら連絡して欲しいと言われた。電話で承諾したが実際に届いたのは教材の申込書だったので、不審である。対処法を知りたい。

(5) 内職・副業

 8年前にワープロ内職契約をして、完済。昨日、苦情クレーム会社から手続きに来るようにと電話があり、会う約束をしてしまった。
 8年前の会の契約が止められている状態で、このままでは年会費がかかってしまい、脱会届を出さないといけない、お金は一切かからないので身分証明書と印鑑と契約書類を持ってホテルに来るように言われた。行けば終わると思って明日行くことになっている。8年前に契約したところと別の事業者の苦情クレームセンターが親切で言ってくれているが、大丈夫か。 

(6) 海外先物取引

 突然電話で呼び出され、大豆の取引が残っている。仲介料を出せば清算すると言われたが、本当に残っているのだろうか。
 4~5年前に財テクの電話があり、海外先物取引を契約したが、1ヵ月程で止めた。きちんと清算したように思うが、書類は処分してしまった。呼び出した男性は車の中で名刺、取引状況のような書類を遠目に見せ、「2,300万円の赤字が出ている。仲介料を60万円出せば削除できる。」と言った。 

群馬県消費生活センタートップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

生活こども部消費生活課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2281
FAX 027-223-8100
E-mail shouhika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。