本文へ
表示モードの切替
印刷

令和元年第3回前期定例県議会 知事提案説明

 第3回前期定例県議会の開会に当たり、提案説明に先立ち、一言申し上げます。

 はじめに、上皇上皇后両陛下が8月27日から30日までの御日程で御来県されたことを報告させていただきます。御退位をされた後も引き続き、私の生まれ故郷であります草津町の「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」に御臨席を賜りました。群馬県にとって大変光栄なことであり、両陛下に県民を代表して感謝申し上げました。

 さて、私が知事に就任して、間もなく2か月が過ぎようとしています。この間、2人の副知事をはじめ、ネットメディア戦略アドバイザー、政策アドバイザー、首席補佐官を任命させていただきました。
 加えて、2つの知事直属のチームも設置いたしました。「SNSチーム」では、発足直後から、知事の日々の活動を含む群馬県の情報を県民に発信しています。県民の皆様に知事や県政を身近に感じてもらい、県民を巻き込みながら群馬県を盛り上げていきたいと考えています。「自我作古チーム」では、国内外の先進的な取組を調査・研究し、本県が先駆けとなる政策「ぐんまモデル」の確立・発信を目指します。
 最初の2か月間で、知事を囲むトップマネジメント・チームを固めると同時に、数々の新しいイニシアティブを打ち出すことができました。その結果として、県民に「群馬で何か新しいことが起きそうだ」という期待感を持っていただくとともに、職員に「県政が変わった」ことを認識してもらうことができたものと考えております。

 引き続き、毎週1回の定例記者会見を行っていくほか、知事自らが様々なメディアに積極的に出演し、群馬県の魅力や取組を発信していく所存です。
 今回の補正予算に整備費用を盛り込んだ動画スタジオを最大限に活用しながら、群馬のブランド力を強化し、県民の幸福度を上昇させ、県民の新たなプライドを練り上げることに、全力を注いで参ります。

 また、豚コレラ問題に関しては、隣県である埼玉県及び長野県でも飼(し)養(よう)豚(とん)への感染が確認されました。本県は、豚の飼(し)養(よう)頭数が全国第4位の養豚県であり、仮に本県に豚コレラが広がれば、その影響は計り知れません。
 そこで、県として今できうる最大限のことを行う必要があると判断し、侵入防止柵設置への補助を中心とする、全国でもトップクラスの手厚い支援の実施を決断しました。
 この支援を行うに当たっては、2人の副知事や関係部長とも手分けをして、全ての関係市町村を訪問し、県の取組への協力を依頼しました。私自身も、県内を駆け回り、県のスタンスを丁寧に説明させていただきました。引き続き、市町村や関係団体等と緊密に連携しながら、県内全ての養豚場に侵入防止柵が設置されるよう、個々の養豚農家への働きかけを強めて参ります。

 それでは、本日提出いたしました、議案の大要について、御説明申し上げます。
 今回の提出議案は、予算関係3件、事件議案18件の合計21件です。

「予算関係」

 はじめに、予算関係について説明させていただきます。
 今回の補正予算は、厳しい財政状況も踏まえつつ、5月補正予算編成後の事情変更により必要となった事業や、県民の幸福度を向上させ、県民の新たなプライドをつくっていくために、早急に取り組むべき事業を中心に予算措置を行うことといたしました。
 一般会計補正予算の総額は、44億5,742万円であり、現計予算額と合算いたしますと、補正後の予算額は、7,737億2,085万円となります。
 次に、補正予算の主な内容について、御説明申し上げます。
 1点目は、動画スタジオの整備です。県の情報発信力を強化し、県民の新たなプライドを醸成していくための最重要拠点にしたいと考えています。そのための整備費用を計上させていただいています。
 設置場所は、県庁32階展望ホールを予定しています。ガラス面を大きくとることで、来庁者からスタジオ内が見え、必要に応じて公開放送も可能な、県民に開かれた施設とする方針です。
 年度内の完成を目指して整備を進めます。
 また、このスタジオは、県内市町村にも、最大限活用してもらえるような運用を考えています。
 2点目は、「外国人との共生」や「健康寿命延伸」などの分野における「群馬モデル」構築に向けて本格的に取り組んでいくための予算です。いわゆる「芽出し」として、有識者会議の開催等の予算を計上しています。
 3点目は、「安心を支える社会基盤整備」です。幼い子どもが巻き込まれる痛ましい交通事故が相次いでいることを踏まえ、交差点の安全対策を強化します。
 また、児童虐待への対応を強化するほか、医師確保や災害への対応等について、今後の取組を検討するために必要な調査等を行います。

「事件議案」

 次に、事件議案のうち、主なものについて申し上げます。
 第96号議案及び第97号議案は、地方公務員法等が改正され、会計年度任用職員の制度が開始されることに伴い、給与等に関する規定を整備しようとするものです。
 第107号議案は、太田市立太田養護学校を太田市から県へ移管し、県立太田特別支援学校を設置しようとするものです。
 承第4号は、豚コレラ対策について、生産者への支援及び野生イノシシ対策を緊急に実施するため、9月5日付けで行った補正予算の専決処分への承認を求めるものです。

 以上、提出議案の大要について御説明申し上げました。
 何とぞ、慎重御審議の上、御議決くださいますよう、お願い申し上げます。

このページについてのお問い合わせ

総務部財政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2091
FAX 027-224-9123
E-mail zaiseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。