本文へ
表示モードの切替
印刷

一般財源と特定財源

  (地方公共団体が自由に使えるお金と使い道が決まっているお金)

  一般財源は、県が受け取る(歳入といいます)時点で使い道があらかじめ決まってい ないお金のことで、地方税や地方交付税などが代表例です。

特定財源は、県が受け取る時点で使い道が決まっているお金のことで、道路などの建設事業に使うための国からもらう補助金や、先生の給料に使うため、国からもらう補助金などがその代表例です。

 親が子供に渡すお金に置き換えて考えてみましょう。

親から「1か月分のお小遣だよ。」と渡されたお金は「一般財源」と似ています。

「参考書を買うんだよ。」と、使い道を決めてもらったお金が「特定財源」といえます。


このページについてのお問い合わせ

総務部財政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2091
FAX 027-224-9123
E-mail zaiseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。