本文へ
表示モードの切替
印刷

不納欠損

税金など納めていただくときは、「誰が」「いくら」「どのような性格のお金を」納める必要があるのかを確認した上でいただく額を決定します。この「納めていただくこと」を決定する行為を調定といいます。

調定を行ったものの、何らかの理由で納めていただくことができず、今後も納めていただける見込みがたたないため、「納めていただくことができない」と決定することを不納欠損処分といいます。

たとえば、納税者が死亡し相続人もいない場合や、時効が成立したときに不納欠損処分が行われます。


このページについてのお問い合わせ

総務部財政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2091
FAX 027-224-9123
E-mail zaiseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。