本文へ
表示モードの切替
印刷

官民共創による政策実現のためのコミュニティプラットフォームについて

群馬県は、多様な意見を取り入れた官民共創による政策実現の一環として、デジタル空間を活用した新たな政策形成プラットフォームの運用を令和4年5月から開始しました!
本プラットフォームでは、定期的に群馬県から政策に関するテーマを掲示し、そのテーマに対してオンライン上で幅広く皆様の声を募集していきます。
また、テーマに寄せられたご意見等の内容をより深めていくために、意見を投稿していただいた方々と県が意見交換をする場も企画していきます。
令和4年度は、本プラットフォームのシステムとして、公募により株式会社PoliPoliが企画運営する行政に声を届けるウェブサイト「PoliPoli Gov(β版)」を採用しました。

現在募集中の政策テーマ

第3弾テーマ「あなたにとっての文化とは何ですか?」ほか

少子高齢化による人口減少などの長期的な課題のほか、デジタルデバイスの充実・SNSの影響力拡大など、文化をとりまく環境は大きく変わってきています。
こうした中、文化振興指針の策定を行うにあたり、時代の変化にスピード感をもって対応するため、以下の文化に関する4テーマに関して意見募集を行います!

  1. あなたにとっての文化とは何ですか?
  2. 地域の伝統文化の担い手確保のためのアイデア・取り組みは何かありますか?
  3. ​地域を盛り上げる、文化のアイデア・取り組みは何かありますか?
  4. 経済を発展させるための文化に関する取り組み・アイデアは何かありますか?

これからの「文化」について、みなさんのご意見をぜひお聞かせください!

第3弾テーマグラフィックの画像

意見募集期間

令和4年9月16日(金)から12月11日(日)まで
ご意見は「PoliPoli Gov」のサイト(外部リンク)から投稿をお願いします!
お寄せいただいた意見は、群馬県の文化政策において参考とさせていただきます。

第4弾テーマ「群馬県民が安全に過ごすための、自転車事故を減らすアイデアはありますか?」

群馬県は、人口10万人当たりの人身事故発生件数及び、人口10万人当たりの自転車に関係する人身事故件数が全国ワースト上位となっています。特に、高校生の通学時1万人当たりの自転車事故件数は、平成26年から令和3年まで8年連続で全国ワースト1位となっています。
群馬県でも交通安全教育の実施や自転車通行空間の整備など様々な施策を実施していますが、自転車を安全に利用できる環境を創出するには、さらに施策を検討する必要があると考えています。
そこで、みなさまから自転車事故を減少させるアイデアや取り組みについて、幅広くお聞かせください。

第4弾テーマグラフィックの画像

意見募集期間

令和4年9月30日(金)から11月30日(水)まで
ご意見は「PoliPoli Gov」のサイト(外部リンク)から投稿をお願いします!
お寄せいただいた意見は、今後の自転車事故削減施策を検討する際の参考とさせていただきます。

第5弾テーマ「群馬県の古民家を生かすために、どんな活用アイデアがありますか?」

群馬県には、1950年以前に建てられた住宅が2018年時点で3万500戸あり、そのうち約5100戸が空き家になっています。古民家のもつ趣や美しさには代えがたい魅力がありますが、その数は取り壊しなどによって年々減少している状況です。
そんな中、県職員の発案から、古民家を地域資源として再生・活用する「コミンカコナイカ」事業がスタートしました。このプロジェクトでは、古民家を活用したまちづくりを実施するチームを県内の地域ごとに多くの関係者と立ち上げ、古民家の所有者と活用希望者をマッチングし、古民家の有効活用に取り組んでいきます。
このプロジェクトを進めていくにあたり、古民家をどういう形で残していきたいか、どんな風に活用したいか、意見を募集したいと考えています。

第5弾テーマグラフィックの画像

意見募集期間

令和4年11月9日(水)から令和4年1月10日(火)まで
ご意見は「PoliPoli Gov」のサイト(外部リンク)から投稿をお願いします!
お寄せいただいた意見は、今後のコミンカコナイカプロジェクト実施の参考とさせていただきます。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部戦略企画課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2314
FAX 027-223-4371
E-mail senryakuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。