ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 環境森林部 > 西部環境森林事務所 > 林業緑化係

本文

林業緑化係

掲載日:2020年4月1日 印刷ページ表示

所管区域

高崎市、安中市

木材・きのこ振興

1 県産材の需要拡大

環境・人・地域にやさしい県産材を公共施設等に活用する場合、経費の一部を助成しています。詳細は、林業緑化係に問い合わせてください。

2 きのこ類の生産振興

きのこ類の生産は、農山村の重要な産業として地域経済の振興に大きな役割を果たしています。このため、きのこ栽培における生産性の一層の向上と生産量の増大を目的に生産、出荷施設等の導入やしいたけ原木の共同購入等に対して助成しています。
また、県では、福島原子力発電所事故に伴う放射性物質汚染対策として、きのこ類の安全検査を定期的に実施し、その安全性を確認しています。
(林業振興課 林産物の検査結果

林業技術普及

林業普及指導事業は、森林・林業、木材産業の振興を図ることを目的に、森林所有者、林業者等に対し林業に関する知識や技術の普及・指導等を行っています。
森林経営に関するご相談、森林施業やきのこ栽培に関するご相談をお待ちしております。

林業金融

  • 林業・木材産業改善資金…新たな事業の開始、新しい生産方式の導入、労働安全施設の整備など様々な事業に必要な資金を無利子で融資しています。
  • 林業後継者等特別対策資金…林業経営の改善や事業の拡張を行おうとする方のために、県が低利子で融資しています。
  • その他にも様々な融資制度があります。ご相談ください。

森林組合

森林所有者の協同組織として、また、民有林林業の中核的担い手として事業を展開している森林組合について、組織、執行体制の充実と経営基盤の一層強化を図り、森林所有者の利益確保と安定した森林組合事業が遂行できるよう、その育成に努めています。現在、管内には次の二つの森林組合が存在します。

  • 烏川流域森林組合(電話027-378-2030)
  • 碓氷川森林組合(電話027-393-0234)

企業参加の森林づくり

環境保全への社会的関心が高まる中、社会貢献として森林保全活動に取り組もうとする企業・団体(企業ボランティア等)を支援します。具体的には、活動候補地の紹介、森林所有者との森林整備協定締結の仲介、森林整備活動の指導等を行います。

緑化の推進

地域の緑化を推進し、緑豊かな環境をつくるため、市町村が行う学校・公園・住民センター等公共施設の緑化に対し、必要な樹木を交付します。

県有林管理

管内には榛名県有林と烏渕県有林の二つの県有林があります。
計画的に保育事業を実施し、県の基本財産として造成するとともに、健全で多様な機能が発揮されるよう保全に努めています。

野生鳥獣の保護管理

1 野生鳥獣の保護管理

野生の鳥獣は、地球の生態系を担う大切な構成員であり、私たち人間が保護を図る必要があります。一方で近年は野生鳥獣による農林水産業被害や生活環境被害が増えており、被害の防止が課題となっています。
群馬県では、『鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律』に基づき、野生鳥獣について「保護」と「管理」を図るため、鳥獣保護事業計画や特定鳥獣に係る適正管理計画を策定して対策を講じています。

2 狩猟を行う場合には

狩猟を行うためには、狩猟免許を取得し、狩猟者登録を行う必要があります。詳しい手続きについては、「射撃・狩猟」のページをご覧ください。なお、銃器による狩猟を行う場合には、銃の所持許可が必要になりますので、最寄りの警察署にお問い合わせください。
狩猟者は、健全な生態系を維持するために大きな役割を担っています。興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

3 野生生物に関する情報

4 鳥インフルエンザに関する情報

自然環境の保全

管内の自然環境の保全を図るため、7人の自然保護指導員を配置し定期的に巡視、巡回活動を行っています。

西部環境森林事務所トップページへ戻る