ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活こども部 > 生活こども課 > 平成25年度 第1回男女共同参画推進委員会概要

本文

平成25年度 第1回男女共同参画推進委員会概要

掲載日:2014年1月20日 印刷ページ表示

日時:平成25年10月25日(金曜日)午後2時~4時
場所:ぐんま男女共同参画センター 中研修室
出席:委員8名、事務局等10名

議事概要

1 男女共同参画の推進状況について

 群馬県男女共同参画推進条例第7条により作成する「群馬県男女共同参画年次報告書(平成24年度実績報告)」(案)に基づき、平成24年度における県の男女共同参画施策の実施状況について審議が行われました。
 委員から、ぐんま男女共同参画センター相談事業、育児休業規定整備状況、報告書配布方法等について質疑が行われ、第三次群馬県男女共同参画基本計画に掲げている数値目標のうち、すでに目標値を達成している指標の見直しについて、意見がありました。

主な意見

  • 実績値が目標を上回っている指標については、見直しを行う必要があるのではないか。
  • 政策・方針決定過程への女性参画を進めるに当たっては、選任時に女性員が選任されるよう働き掛けを行ってほしい。
  • 相談窓口を周知することで相談件数も増えることから、周知方法を検討してほしい。
  • 実績報告書の中間年評価については、わかりやすい内容になるよう工夫してほしい。

2 ぐんまDV対策推進計画の骨子案について

 平成26年度から5年間を計画期間とする第3次ぐんまDV基本推進計画骨子案について、審議が行われました。
 委員から、市町村における配偶者暴力相談支援センターの全国における設置状況や設置に向けた県の支援策等について質疑が行われました。

主な意見

  • 配偶者暴力相談支援センターを市町村に設置する利点は何か。
  • 配偶者暴力相談支援センターの設置に向けて、市町村への支援を充実してほしい。

3 男女共同参画行政のあり方について

 設置から5年を迎えるぐんま男女共同参画センターについて、県の男女共同参画施策推進拠点としてのあり方検討について、審議が行われました。
 委員から、検討委員構成や検討項目等について質疑が行われ、センター設置の経緯から慎重な検討が必要等の意見が出され、推進委員会のもとで検討を進めることについて承認されました。

主な意見

  • 運営方法の検討に当たっては、指定管理者制度だけでなく多様な方法から検討してほしい。
  • 男女共同参画の重要性を踏まえ議論できる体制で検討してほしい。
  • みんなが利用しやすく利用してよかったと言われるセンターにしてほしい。

4 その他

 群馬県男女共同参画センター相談事業(とらいあんぐるん相談室)の相談日及び相談時間の拡大について概要説明を行い、委員から、県と市町村との役割分担や相談事業の人員体制等について質疑が行われました。

主な意見

  • 身近な窓口を設置してほしいという声もあり、前橋に集中する県の施設だけで充分という状況にはないと思う。
  • 女性が気軽に相談できる体制が必要であり、いろいろな窓口から選択できることが望ましい。

群馬県男女共同参画推進委員会へ戻る