ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 衛生環境研究所 > 後天性免疫不全症候群(エイズ)

本文

後天性免疫不全症候群(エイズ)

更新日:2024年6月12日 印刷ページ表示

トピックス「6月1日~7日はHIV検査普及週間です」(2024年5月28日発行) (PDF:203KB)

どんな病気?

 エイズ(AIDS)は「後天性免疫不全症候群」といい、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することによって起こります。

  • HIV感染……体の中にHIVが存在している状態を指し、からだを病気から守っている免疫が低下していきます。
  • エイズ………HIV感染により免疫機能が低下することで、健康な人であればかからない感染症や病気を発症した状態を指します。

 つまり、HIV感染=エイズではありません。

 また、HIV感染後、すぐにエイズになるわけではなく、発症するまでに5~10年ほどかかります。

予防方法や対策は?

 HIVは血液や精液、膣分泌液に多く含まれます。感染経路のほとんどが性行為による感染で、性行為以外の日常生活のなかでうつることはまずありません。

 その他の感染経路としては、血液感染(薬物注射の回し打ちによるものなど)や母子感染(HIVに感染している母から生まれる子の感染)などがあります。

  • 性行為のときは、必ずコンドームを使用しましょう(同性間、オーラルセックスでも必要です)。正しく使用すればHIV感染をほぼ100%防ぐことができます。
  • HIVに感染しているかどうかは血液検査でわかります。
  • 心配なことがあれば、最寄りの保健所等で相談・検査をしましょう。

群馬県内の患者報告数

後天性免疫不全症候群の患者報告数推移(人)
報告年 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023
群馬県 総数 21 11 16 13 11 17 12 15 11 12
18 11 13 11 10 15 12 15 10 10
3 0 3 2 1 2 0 0 1 2
全国 総数 1,546 1,434 1,448 1,389 1,317 1,236 1,095 1,057 884 951
1,476 1,357 1,380 1,313 1,242 1,175 1,040 1,012 846 922
70 77 68 76 75 61 55 45 38 29

2023年の全国は2024年3月9日時点での報告数です。

最新の報告数はこちらをご覧ください。

エイズ 報告数グラフ

エイズ 性別・年齢群別グラフ

エイズ 感染経路別報告割合

ご相談や検査について

 県内の保健所では無料でHIVを含む性感染症の検査を受けることができます。ご希望の方は最寄りの保健所までお問い合わせください。

 ・相談・検査について(感染症・疾病対策課)

 ・エイズインフォメーション(群馬県) (PDF:403KB)

関連情報

群馬県感染症情報トップページに戻る