ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活こども部 > 消費生活課 > 平成27年度第1回群馬県消費生活問題審議会 開催概要

本文

平成27年度第1回群馬県消費生活問題審議会 開催概要

掲載日:2016年2月9日 印刷ページ表示

1 日時

平成27年7月29日(水曜日)午後2時00分~4時00分

2 場所

群馬県庁29階 第一特別会議室

3 出席者

 委員(14名中12名出席)
 神山 一成 日本銀行前橋支店長
 小此木 清 弁護士
 市川 祥子 県立女子大学文学部教授
 御山 まゆみ 株式会社上毛新聞社営業局編集部課長・副参事
 木下 啓江 群馬県くらしの会連絡協議会副会長
 八田 直樹 群馬県生活協同組合連合会専務理事
 大木 洵人 公募委員(シュアールグループ゚代表)
 清水 裕幸 公募委員(行政書士)
 堀口 純子 公募委員(国民生活センター)
 池田 隆政 群馬県農業協同組合中央会専務理事
 遠藤 秀子 群馬県商工会女性部連合会会長
 高川 新一 株式会社ベイシア品質管理部長

4 配布資料

  • 次第
  • 資料1 群馬県消費者行政推進本部からの検証結果(自己評価)報告
  • 資料2 群馬県消費者基本計画に基づく計画評価(第三者評価)案について
  • 資料3 平成26年度事業報告及び平成27年度消費者施策について

5 議題

  • (1)群馬県消費生活問題審議会会長の互選について
  • (2)群馬県消費者基本計画の進行管理(第三者評価)について
  • (3)その他(平成26年度事業報告及び平成27年度消費者施策について)

6 委員の主な意見等

(1)について
 上記協議事項について委員から、神山一成委員を会長に推薦する意見があった。

(2)について
 〈事務局説明〉
 上記協議事項について、配布資料により消費者基本計画の平成26年度実績(自己評価)に対する審議会としての評価(第三者評価)案について説明を行った。

〈委員からの主な意見・発言等〉
委員
 評価案のうち消費者被害防止出前講座実施回数と金融教育出前講座実施回数について回数の増加は評価できるが、講座の内容が重要であると思うがどうか。

事務局
 内容については、一例だが、本県で作製した啓発のDVDの映像を流させていただいた上で、個別の事案について、具体的事例の紹介や年代別の注意点などを職員もしくは消費生活相談員が出向いてお伝えしている。

委員
 毎日のごとく高齢者の消費者被害が発生しているが、その対策については、根本的に考え直すべきではないか。医療や福祉との連携という視点が欠けているのではないか。

事務局
 特殊詐欺対策にあわせてこの高齢者の消費者被害の防止も目的として、今年の5月に、県振り込め詐欺等根絶協議会を設置した。高齢者を振り込め詐欺や悪質商法の被害から守るために、県内の事業者の方、民間団体の方に協力をいただき、見守りや声かけをしていただくという取組を始めたところである。

委員
 評価案の中で、障害をもつ消費者の自立支援として、初めて知的デイケアクリニックへの出前講座が実現したことは評価できる。継続を望む。
 指標のうち、メルマガ登録者数については、登録者の年齢層等を考慮して内容を絞ったものにした方がよいのではないか。

事務局
 出前講座については、ご活用いただくためのPRを、あらゆる機会を通じて行って行きたい。
 また、メルマガについては、読者を増やしていく努力もすると同時に、新しい情報発信方法を考えて行きたい。そして、発信内容については、読者をよく分析させていただき、一番役に立つ情報を提供していくようにしたい。

委員
 例えばマルチ商法などだと、知人友人から誘われて、自分が被害者となる。
 ただし、その被害者になったとしても、また新たな知人友人を誘っていくことによって加害者になるということもある。
 このように、様々な場面で思いがけず自分が加害者になってしまうことがあるという視点での啓発を行うことが必要と思う。
 このことから、消費者被害防止出前講座についての審議会の評価案では、今後その加害者にならないため、という視点を入れていただくことが必要ではないか。

事務局
 出前講座は、様々な年代層を対象に、様々なテキストを使って行っているが、ご指摘いただいた点についても、若者中心に特に強調していきたい。

(3)について
 上記報告事項について、配布資料により事務局から説明を行った。
 〈委員からの主な意見・発言等〉
 特になし。

7 結論

  • (1)について、全員異議無く、神山一成委員を審議会会長とすることを決定した。
  • (2)について、審議会での意見を踏まえつつ、事務局において評価案の修正を図り、再度委員に示すことを決定した。
  • (3)特になし

「群馬県消費生活問題審議会」へ戻る