ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育委員会 > 教育委員会の点検・評価について(平成26年度対象)

本文

教育委員会の点検・評価について(平成26年度対象)

更新日:2015年9月18日 印刷ページ表示

群馬県教育委員会では、改正前の地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条の規定に基づき、平成26年度の教育委員会の事務の管理及び執行の状況の点検及び評価の結果について取りまとめましたので、お知らせします。

なお、点検・評価の報告書をご覧になりたい方は、こちらのファイルをダウンロードしてください。

点検・評価の概要

1 趣旨

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(以下、「地方教育行政法」という。)において、全ての教育委員会は、毎年、その教育行政事務の管理執行状況について自己点検及び評価を行い、その結果に関する報告書を議会に提出するとともに、公表することが義務付けられています。
 そこで、群馬県教育委員会では、効果的な教育行政の推進に資するとともに、県民への説明責任を果たすため、年度を区切りとして、前年度の状況について「教育委員会の点検・評価」(以下、「点検・評価」という。)を実施し、報告書にまとめています。

2 点検・評価の対象

 点検・評価の対象は、「第2期群馬県教育振興基本計画」(以下、「基本計画」という。)に基づき実施した主な施策・取組と平成26年度の教育委員会の取組としました。

3 点検・評価の方法

  1. 「取組結果」及び「個別評価」
     基本計画の各取組で掲げた「主な取組内容」ごとに、「取組結果」(アウトプット)を挙げるとともに、それに対する「個別評価」を次の4段階で行いました。
     「達成」:計画内容を達成した。
     「進捗」:一定の成果が出てきている。
     「着手済」:取り組み始めたが成果が出てくるまでに時間を要する状態である。
     「未着手」:計画内容に関する具体的な取組を始めていない。
  2. 「成果」及び「達成目標」
     「取組結果」による「成果」(アウトカム)を挙げるとともに、基本計画において原則アウトカム指標として設定している「達成目標」の前年度に対する動向を示しました。(達成目標の動向は、「上向」、「維持」、「下向」の3段階で表示しています。なお、指標の増減が3%未満のものを「維持」に分類しています。また、測定値の母数が少ないものは、わずかな数値の動きで指標が大きく変動するものがあるため、動向の分類を個別に判断しています。)
  3. 「今後の課題」及び「27年度以降の方向」
     「取組結果」や「成果」等を踏まえて、「今後の課題」を整理した上で、「27年度以降の方向」を検討しました。

4 第3者の知見の活用

 点検・評価を行うに当たっては、教育に関し学識経験を有する者の知見の活用を図ることが地方教育行政法で義務付けられています。群馬県教育委員会では、「群馬県教育委員会の点検・評価委員会」を設置し、以下の委員から御意見、御助言をいただきました。(五十音順、敬称略)

氏名一覧
氏名 所属等
植原 政弘 (医)むつみ会うえはらクリニック、高崎市学校医会長
江森 英世 群馬大学教育学部教授【座長】
岡田 美智子 (株)山岸製作所常務取締役
荻原 高子 臨床心理士、群馬県スクールカウンセラースーパーバイザー
櫻井 常矢 高崎経済大学地域政策学部教授

5 その他

 第2期群馬県教育振興基本計画のうち、他部局の権限に属する取組については、他部局の担当所属がその取組状況等の自己点検・評価を実施しました。また、教育委員会が点検・評価した取組の中でも、他部局の関連事業の状況を明らかにしています。
 それらの取組等は、教育委員会の点検・評価の対象外ですが、各施策の取組個票(上記ダウンロードファイル)に参考添付しています。

第2期群馬県教育振興基本計画(計画期間 平成26年度から30年度)

 点検・評価の対象となっている第2期群馬県教育振興基本計画についてはこちらのリンクを御覧ください。

 第2期群馬県教育振興基本計画

点検・評価結果の概要

 「主な取組内容」に係る個別評価の結果及び各取組の「達成目標」の状況から、平成26年度は基本計画の初年度であったことを考えると、基本計画に沿った取組は、おおむね順調に進んでいると言えます。

(1)各取組の「主な取組内容」に係る個別評価の結果

各取組の「主な取組内容」に係る個別評価の結果一覧
評価 達成 進捗 着手済み 未着手 合計
項目数 0 273項目 39項目 1項目 313項目

 基本計画の「主な取組内容」について、平成30年度までの目標を掲げたものであるため、平成26年度に「達成」した項目はありませんでしたが、87%の項目が「進捗」しました。

(2)各取組の「達成目標」の状況

前年度に対する動向

前年度に対する動向一覧
動向 上向 維持 下向 -※(注) 合計
項目数 74項目 67項目 18項目 15項目 174項目

 基本計画の各取組の「達成目標」は、81%が前年度に比べて「上向」又は「維持」となりました。

 ※注「-」は、実績調査時期の関係から平成26年度の数値が判明していない、又は平成26年度から調査を始めたため平成25年度との比較ができないもの。

目標の達成状況

 「達成目標」の平成30年度(目標年度)の目標値を21項目(全体の12%※注)で達成しました。

 ※注「12%」=21/170項目。「教育委員会の取組」の4項目は基本計画で目標値を設定していないため、達成割合の母数から除く(174項目-4項目=170項目)。


新型コロナウイルス感染症関連情報
報道提供資料
相談窓口